ちばぎんカードローンの審査基準 ~専業主婦・アルバイト・パート・フリーターでも借入可能!~

ちばぎんカードローンの審査基準 ~専業主婦・アルバイト・パート・フリーターでも借入可能!~

地方銀行のカードローンの中でも、最近特に人気が高まっている、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>。ここでは、その審査基準について、職業・属性別に借入可能かどうか、審査基準は甘いのか厳しいのか―、などの点をまとめていきます。

パートの主婦でも、ちばぎんカードローンは借入可能

パートの主婦の女性でも、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではキャッシングが可能です。パート収入がいくらかにもよりますが、大体月収8万円程度あれば、ギリギリ審査通過できる可能性は高い…と思って下さい。

勤続年数が長かったり、職場の安定性が高い人(官公庁でのお仕事など)は、月収5万円程度でも、ギリギリで審査に通る…ということもあるかも知れません。しかし、基本的にはパートという属性自体がやや不安定ですから、月収8万円から10万円程度は必要…と思っておいてください。

(できれば月収12万円程度ある方が、その後の返済を考えた時も有利でしょう)

何にせよ、パート収入がある女性だったら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では問題なく申し込み資格を満たしています。実際に審査に通るかどうかは、その人の総合的な条件次第ですが、とりあえず申し込み資格としては、まったく問題ないと考えて下さい。

アルバイト・フリーターでも、キャッシングできる

パートの主婦の女性がOKなので、フリーター・アルバイトの方々でも、当然ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではキャッシングする資格があります。これもやはり実際に審査に通るかどうかはその人のクレジットスコア次第ですが、とりあえず、職業・属性としては、アルバイト・フリーターというのはちばぎんカードローンでも問題なく審査条件を満たしています。

どの銀行カードローン消費者金融でも、アルバイト・フリーターはOK

キャッシングの知識がある人ならよく知っているでしょうが、フリーター・アルバイトの方々は基本的にどの消費者金融・銀行カードローンでも借入可能…となっています。審査通過できるかどうかは、月収や勤続年数、他社借入状況などの諸条件によって決まりますが、とりあえず最低限の申込資格としては、問題なくちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも借り入れができる…ということですね。

安定収入があれば、千葉銀行は借入可能

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の商品概要を見ると「ご利用いただける方」の項目では「安定した収入」があること…となっています。どのくらいから「安定」というのは価値観の問題もあるので難しいとこですが、基本的にキャッシング審査の世界では、「アルバイト・パート・フリーターの収入は、安定収入」ということになっているんですね。

要は「給与所得」であればいいということです。自営業個人事業主などの「事業所得」の場合は、かなり不安定なので、これだと「安定収入」とはみなされないということですね。継続して長い年数利益をあげている…というならいいですが、そうでない場合は、「サラリーマン・公務員」などの方や、パート・アルバイト・フリーターの方々よりも、こうした独立系の職業の方々は高い年収が要求される…というわけです。

何はともあれ、このように「安定収入があること」という申込条件を満たしているので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもフリーターやアルバイトの方々は、問題なく借り入れできる…ということです(もちろん、審査に通ればですが)

年齢条件は、20才~65才まで

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の年齢制限は、20才から65才までとなっています。正確には「65才未満」なので、64才までしか借りられません。

この「65才」という年齢制限は、銀行カードローンではよく見られるものです。三井住友銀行カードローンは69才までですし、新生銀行カードローン・レイクは70才まで…という例外はありますが、基本的には大手の銀行カードローンは大体「65才まで」となっています。

これに対して、消費者金融は「69才まで」が基本なので、年齢条件からすると、高齢者の方々にとっては、アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の方がキャッシングをしやすい…ということになります。

年金生活者(年金受給者)でも借入可能?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査基準では、年金生活者年金受給者の方々でも借り入れできるようになっています。ただ、「年金以外の収入が必須」ということは、審査条件に明記されています。

これは他の記事でも書きましたが、カードローン審査で年金以外の収入が必要になるというのは、「お金の問題」ではないんですね。一応金銭的にも確かに年金以外の収入があった方がいいのですが、それ以上に「健康であることが、証明できる」というのが大きいのです。

銀行カードローンが一番恐れるのは、高齢者が体調を崩すこと

これは日常生活の感覚でわかると思いますが、銀行カードローンにしても消費者金融にしても、高齢者の方々にお金を貸す側が一番恐れるのは、「体調を崩される」ということなんですね。高齢者の方は、ちょっとしたことで骨折してそのまま寝たきりになってしまう…というようなことがよくあります。あるいは、ある日突然血を吐いて、がんだったことがわかる…というようなこともよくある話です。

このように体調を崩してしまうと、日常生活のすべてで出費が倍増します。医療費も増えますが、普通に日常生活を送るだけでも、たとえばエアコンをガンガンかけないといけなかったり、車いすが必要になったり、介助用の道具が必要になったりと…。とにかく支出が増えるんですね。

(食事も特別な介護食を食べないといけなくなったりしますし…)

というように、高齢者の方々が体調を崩してしまうと、一気に「回収不能」になってしまうのです。貸し倒れが決定する…ということですね。

連帯保証人などをつけていれば問題ないのですが、銀行カードローンや消費者金融では連帯保証人など、当然つけません。担保もつけません。

なので、融資した高齢者の方々に寝たきりになられてしまったりすると、金融機関の側としては非常に困るわけです。なので、そのようなことにならないよう「健康であるかどうか」という点を、高齢者の方のキャッシング審査ではかなり重視するんですね。

(これは、若い人に対するキャッシング審査では見られない特徴です)

仕事をしているということは、健康な証拠である

年金以外の収入があるということは、要するに「何かしら仕事をしている」ということ。そして、仕事ができるということはそれだけ心身が健康…ということです(これは言うまでもないでしょう)。

なので、年金受給者(年金生活者)の方々を審査する時、千葉銀行にしても他の金融機関にしても、「年金以外の収入」を求めるというこのは、そういうことなんですね。金銭的な問題ではなく、健康面から来る安定性を重視する…ということです。

(キャッシング審査では、公務員が最強というのを見てもわかる通り、基本的に「安定性」だけが徹底的に重視されます)

勤務先への在籍確認を取れるのもメリット

また、年金生活者(年金受給者)の方々が働いているメリットとして「職場への在籍確認をとれる」という点も挙げられます。これによって「確かに身元を確認できる」「返済の滞納が起きた時の、連絡先が増える」ということで、回収する側としては、二重に安心できるわけです。

在籍確認というのは、消費者金融が1960年頃から始めたもので、当初から「身元を確かめる方法」として、重要視されていたんですね。消費者金融が「もしもし電話」という「職場の人がかけ直してきても、もしもしとしか言わない」電話番号を用意するなどの工夫をしてきたのも、それだけ在籍確認が重要だからです。そういう手間をかけてでも、在籍確認をする価値がある…ということですね。

ということで「在籍確認ができる」というのも、年金生活者の方々が働いていることのメリットなのです。このため、お年寄りの方々がちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でキャッシングをしようと思ったら、何らかのアルバイト・パートなどをする必要がある…というわけなんですね。

自分の収入がない専業主婦でもキャッシング可能

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査基準は、無収入の専業主婦でも借入可能ということが、ハッキリと明記されています。銀行カードローンは大体「専業主婦でも借入可能」となっていますが、これは審査条件に明記されているわけではなく、口コミ・評判でそう言われているだけ…ということが多いんですね。

(もちろん、デマではなく実際に借入可能なのですが…)

その点、ちばぎんカードローンのように「配偶者に安定収入があれば融資可能」と明記されている銀行カードローンは、無収入の専業主婦の方々にとって、非常に借りやすい借り入れ先…ということができます。なので、収入がない専業主婦の女性がキャッシングしたいという場合は、対象エリアに住んでいるのであれば、ぜひちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で申し込むといいでしょう。

夫・旦那の同意書は必要なのか?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で専業主婦がキャッシングする時、配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)は必要なのか―。これは商品説明書だけではわかりません。というのは「お手続きに必要な書類」という項目で、「上記以外の書類が必要となる場合もございます」と書かれているからです。

「上記」というのは、申込方法別に下のようになっています。

…という風になっています。収入確認資料は基本的に必要ないわけですね。借入金額に関係なく。

ということで、無収入の専業主婦のキャッシング審査の場合も「提出書類なし」となる可能性が高いのですが、それでも「配偶者の同意書」や「婚姻関係の証明書」などが必要になる…という可能性はあります。ちなみに、もし婚姻関係の証明書が必要になったら、基本的に住民票を提出すればOKです。戸籍抄本・戸籍謄本などもOKですが、住民票の方がカンタンなので、住民票を提出するのがいいでしょう。

学生もおそらくキャッシング可能

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査条件では、学生のキャッシングについては明記されていません。書かれているのは「安定収入があること」という一点のみで、

というような内容は書かれていません。ソニー銀行カードローンは「学生の場合、限度額が10万円になります」というように明記されていますし、イオン銀行カードローンBIGなどは逆に「学生は借入不可」と明記されています。

このように学生の借入資格について明記している銀行カードローンもあるのですが、多くの銀行カードローンは明記はしておらず、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>もそれと同様になっています。

というわけで学生でも融資可能かどうかはわかりませんが、「月収10万円」など、ある程度高い月収や、勤続年数があれば借りられる可能性はある…と考えていいでしょう。

在住・在勤エリアの制限は?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限らず、地方銀行のカードローンでお金を借りる時、まっさきに重要なのは「在住・在勤エリアに該当しているか」ということ。ちばぎんカードローンの場合、対象エリアは首都圏です。

インターネット支店の対象エリア

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査でも、インターネット支店で申し込むか、普通の店舗で申し込むかによって違います。インターネット支店の場合は、下のような対象エリアになっています。

  • 千葉県
  • 東京都
  • 茨城県
  • 埼玉県

これらの都道府県は「全域」がOKです。これに加えて、「神奈川県」は、

  • 横浜市
  • 川崎市

が利用可能となっています。

本支店の場合の、対象エリア

実店舗(本支店)で申し込む場合は、対象エリアが少々狭くなります。

  • 千葉県
  • 茨城県
  • 神奈川県

この3県については、インターネット支店と変わりありません。変わるのは、

  • 東京都
  • 埼玉県

で、それぞれ下のような市区町村が対象になります。

 東京都

  • 23区
  • 西東京市
  • 三鷹市
  • 狛江市
  • 武蔵野市
  • 調布市

 埼玉県

  • さいたま市岩槻区
  • 春日部市
  • 川口市
  • 越谷市
  • 八潮市
  • 草加市
  • 吉川市
  • 三郷市
  • 幸手市
  • 松伏町
  • 杉戸町

…という風です。このように、東京都と埼玉県が、実店舗で申し込む場合は少々エリア制限に引っかかるようになりますが、インターネット支店で申し込めば全域OKなので、もし自分が対象エリアから外れてしまう…という場合は、インターネット支店から申し込むようにしましょう。

(基本的に、インターネット支店からネット申込みをする方が、審査スピードも早いですし、審査の手間もいろいろ省けますからね。多くの人はもともとそうするでしょう)

ちばぎんカードローンの審査基準は甘い?厳しい?

キャッシング審査に申し込む時に一番気になるのは、その消費者金融・銀行カードローンの審査基準が厳しいのか、それとも甘いのか…ということでしょう。結論を書くと、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査基準は「銀行カードローンの平均レベル」となります。

これは審査通過率などの数字があるわけではありませんが「金利」でわかります。基本的に、キャッシングの世界では「金利と審査基準は相関関係にある」わけです。つまり下のようになります。

  • 低金利…審査が厳しい
  • 高金利…審査がゆるい

ということですね。「低金利で審査が甘い」というのは、成り立たないのです。その理由を説明します。

低金利で審査が甘い銀行カードローンがあると、どうなるか

当然ですが、「低金利で審査に通りやすい」というのは、多くの人にとって理想的な銀行カードローンです。なので、みんなここに殺到します。そして「審査がゆるい」ので、この銀行カードローンはどんどん「審査に通す」わけです。

で、当然ですが、お金を貸していけば「いつかは資金がなくなる」わけです。もちろん、貸したお金なので、返済してもらえばまた戻ってきます。ただ、「一時的に金庫からお金がなくなる」のは確かです。

銀行だから、お金はいくらでもあるだろ」と思うかも知れません。確かに相当な資金力があるのは確かですが、銀行は別に「銀行カードローンだけをやっているわけではない」のです。

個人向け融資だけではなく、大企業相手の「ホールセール」の融資もやりますし、住宅ローンもやりますし、その他、ありとあらゆるタイプの個人ローンや、事業ローンを提供しているわけですね。

そんな中で、ここで書いたような「低金利で審査が甘い」カードローンを提供したら、そのカードローンのために用意した資金は、「すぐになくなる」に決まっているのです。そして、そうやって資金が底をついたら「新規の募集を一時停止する」しかありません。

募集の停止は、その銀行カードローンの認知度を大幅に下げます。要するに「閉店」に近いからです。いくら前向きな理由とはいっても「いつも売り切れのお店」に行く人などいないでしょう。

だから、低金利だと審査が厳しくなる

このような流れで、結局「低金利な銀行カードローン」というのは、「審査が厳しくするしかない」わけですね。銀行カードローンの側がどれだけ「たくさんの人に融資したい」と思っていても、限界があるわけです。で、結局「落ち着くべき所に落ち着く」わけですね。

一方、高金利の銀行カードローンだったら、それほど申し込みは殺到しません。なので、「申し込んできた人を、割と簡単に審査に通す」ということができます。だから「高金利な銀行カードローンは、審査通過率も自然と高くなる」ということなんですね。

このような理由から「その銀行カードローンの審査の厳しさは、金利を見ればわかる」となるのです。銀行カードローンだけでなく、クレジットカードでも消費者金融でもこれは同じです。

ちばぎんカードローンの金利は普通なので…

こういう前提でちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の金利(実質年率)を見てみると、「4.3%~14.8%」という実質年率は、銀行カードローンの金利として、完全に標準的です。なので、審査レベルも銀行カードローンの平均レベルに落ち着くというわけですね。あくまで推測ではありますが、金融の理論的には、こうなるのです。

というわけで、これからちばぎんカードローンの審査に申し込む人は、「審査レベルに関しては、厳しくも甘くもない」と思ってください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP