オリックス銀行カードローンは土曜日・日曜日でも最短即日キャッシング可能!口座が必要

オリックス銀行カードローンは土曜日・日曜日でも最短即日キャッシング可能!口座が必要

オリックス銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシングできるようになっています。ただ、オリックス銀行・ジャパンネット銀行の、いずれかの口座が必要という条件。なので、口座を持っていない人は、土曜日・日曜日の借り入れが不可となっています。

以下、オリックス銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の融資についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 午前中に申し込めば、最短即日借入できることが多い
  • ギリギリの場合で、14時までには申し込む
  • 無収入の専業主婦や学生は、もともと借入不可

以下、それぞれ詳しく説明します。

午前中の申し込みで、オリックス銀行カードローンは最短即日借入を申し込みやすい

これは土曜日・日曜日・祝日などの休日だけではなく、平日に申し込んだ場合でも同じですが、オリックス銀行カードローンでは基本的に、午前中に申し込んだら最短即日借入できるというシステムになっています(あくまで、できることが多い、という意味です)。

これは単純な計算なのですが、下のように言えます。

  • 午前中の申し込みということは、遅くても「正午」である
  • ということは、審査時間が「五時間」かかっても、「午後5時」には審査完了している
  • これは普通の会社の終業時間なので、この時間までは、最短当日中に審査している可能性が高い
  • なので、これなら「最短即日審査になる」

あくまで「単純計算」であり、オリックス銀行カードローンによって、公式にアナウンスされているわけではないという点に注意してください。ただ、大体午前中に申し込めば最短即日キャッシングに間に合う…ということは期待していいです。

正確な審査システムは、公表されていない

オリックス銀行カードローンでも他の銀行カードローン・消費者金融でもそうですが、キャッシング審査の正確な基準というのは、公表されていないんですね。理由は下の通りです。

  • 銀行カードローン・消費者金融は、しばしば「闇金業者」に悪用される
  • ヤミ金で借りて返済できなくなった債務者が、こうした銀行カードローン・消費者金融で、「借りられるだけ借りる」よう強要され、それで夜逃げや自己破産を強要される
  • (お金はヤミ金のものになる)

あくまで一例として「ヤミ金」を出しましたが、ヤミ金以外でも、情報屋や紹介屋など、銀行カードローン・消費者金融のキャッシングを悪用する業者は存在します。また、こうした悪徳業者ではなくても、単純に「確信犯的に借り入れをしまくって、自己破産する」という悪質な債務者もごくまれにいます。

ということで、そうした人々に消費者金融・銀行カードローンの審査の内容が知られるとまずいわけです。だから―。

  • オリックス銀行カードローンにしても、その他の銀行カードローン・消費者金融にしても、詳しい審査基準や、審査システムは明かさない

こういう方針を貫いているわけですね。(決して、当サイト・美人キャッシングの情報収集が不足している…というわけではありません。

オリックス銀行カードローンの審査の所要時間は?

オリックス銀行カードローンの審査にかかる時間は、大体どれくらいなのか―。これも先に書いた通り「審査システム」の一部なので、完全に詳細には、公表されていません。ただ―。

  • 「最短即日」とは書かれている
  • 大体、銀行カードローン・消費者金融で「最短即日」というのは、「数時間で審査完了する」という意味
  • なので「3時間~5時間程度」と思っておくといい

もちろん―。

  • その時の審査の混み具合
  • その人のクレジットスコア

によって、総合的に時間が決まるので、必ずしも「数時間」とは限りません。しかし、オリックス銀行カードローンで審査に通った方々の口コミ・評判をまとめると大体数時間で審査完了となっているので、これを一つの目安としてください。

もしこれでは間に合わない…という場合

もし、「数時間や最短即日」という審査スピードでは間に合わない…というような「急ぎでお金が必要」な方の場合、これは

  • オリックス銀行カードローンではなく、他の銀行カードローン・消費者金融

で申し込むことをおすすめします。具体的には―。

  • プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融が一番
  • もし銀行カードローンにこだわるなら、新生銀行カードローン レイクが一番申し込みやすい
  • その次に、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行

以下、詳しくまとめていきます。

急ぎでお金を借りたいなら、消費者金融が一番

これは平日でも土曜日・日曜日・祝日でもまったく同じですが、「急ぎでお金が必要!」という場面では、「とにかく、消費者金融で借りた方がいい」というのが、キャッシングの基本ルールです。理由は下の通りです。

  • 審査時間が短い…最短30分
  • 受付時間が長い…毎日夜9時から夜10時まで
  • 審査通過率が高い…早いだけでなく、実際に審査に通る
  • 特定の銀行口座もなしでOK…オリックス銀行も口座が必要

これが最短即日キャッシングが申し込みしやすい四拍子とでも言うべき「4つの条件」なのですが、消費者金融はこれをすべて満たしている(大手の場合)ということですね。r

もう一度簡単に整理すると、下のようになります。

  • 審査時間
  • 受付時間
  • 審査通過率
  • 指定の口座

こういう4つの条件です。これは、オリックス銀行カードローンの土曜日・日曜日のキャッシングに限らず、どの銀行カードローン・消費者金融で、どの曜日に最短即日借入する時でもスピードキャッシングが申込しやすいかどうかを見極める指標になるので、ぜひ覚えておいてください。

(キャッシングの知識に興味がある人は)

銀行カードローンでは新生銀行カードローン レイクが一番

そして、大手の消費者金融ではなく、どうしても銀行カードローンで借りたい…という人の場合。これだと新生銀行カードローン レイクが一番おすすめとなっています。理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 審査時間…消費者金融と同じ「最短30分」
  • 審査通過率…消費者金融についで高い(銀行では一番)
  • 受付時間…消費者金融と同じく「毎日21時まで」
  • 指定の口座…なしでOK

つまりほとんど、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融と同じ条件なのです。違いがあるとしたら、「新生銀行カードローン レイクの方が、ほんの少し、審査通過率が低い」ということです。

(若干、審査が厳しいということですね)

ただ、これは銀行カードローンなので当たり前です。そして、銀行カードローンの中では一番審査通過率が高い(と言われる)のも新生銀行カードローン レイクなので、下のようになります。

  • どうしても銀行カードローンで借りたい
  • できるだけ「急ぎ」で借りたい

こういう時には、新生銀行カードローン レイクがダントツでおすすめと言えるでしょう。(オリックス銀行カードローンのページで書くのも何ですが…)

新生銀行カードローン レイクの次は三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行

そして、新生銀行カードローン レイク以外で借りたい場合、次に土曜日・日曜日のキャッシングが申込しやすいのは三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行です。「どっちだよ」と思われるかも知れませんが、これはその人の職業・属性によって変わります。

  • 専業主婦・学生…三菱東京UFJ銀行
  • それ以外…三井住友銀行

これが、それぞれの土曜日・日曜日のキャッシングが申込しやすい銀行カードローンです。以下、詳しく説明します。

専業主婦・学生だったら、三菱東京UFJ銀行

実は、単純に土曜日・日曜日のキャッシングのやりやすさ・スピードだけを比較したら三菱東京UFJ銀行・バンクイックより、三井住友銀行カードローンの方が有利となっています。しかし、下のようにも言えます。

  • 三井住友銀行カードローンでは、無収入の専業主婦と学生は借入不可
  • ↑(土曜日・日曜日・祝日だけでなく、平日でも)
  • なので、有利不利以前に「三菱東京UFJ銀行しかない」

そのため、これらの職業・属性の方々の場合、問答無用で「三菱東京UFJ銀行・バンクイックが有利」となります。

それ以外の人は、三井住友銀行が有利

そして、自分の収入がない専業主婦や学生でない人の場合、つまり―。

  • 会社員・OL・公務員
  • パート・アルバイト・フリーター
  • 個人事業主・自営業

このような「自分の収入がある人々」の場合、三井住友銀行カードローンの方が土曜日・日曜日の借り入れはしやすくなっています。理由をまとめると、下のようになります。

  • 審査時間が「21時まで」…レイクと同じ
  • 指定の口座が必要ない…三井住友銀行でなくてもいい
  • 審査にかかる時間も「最短30分」…これもレイクと同じ

このようになっています。意外かも知れませんが、三井住友銀行のような「しっかりした」銀行カードローンでも、これだけ申し込みやすいんですね。

これは別に「審査が甘い」というわけではなく―。

  • 天下の三井住友銀行なので、審査にかけられる人員や費用も大きい
  • だから、自然とスピード審査ができる

こういうことなのです。審査が早い=審査が甘いと思っている人が多いでしょうが、「お金がある」という理由もあるんですね。

貸し倒れのリスクが小さいから、スピード融資できる

そもそも「資本力がある」というのも、スピードキャッシングをする上で有利です。理由は「多少貸し倒れが起きても、全然痛くない」からですね。

これは普通に友達などに借金を申し込む時を想像してもわかるでしょう。

  • 貧乏な友達…なかなか融資してくれない
  • お金持ちな友達…あっさり融資してくれる

となるはずです。もちろん、これはあくまで「普通」の場合出会って、中にはお金持ちだけど、普通の人以上にお金に対してシビアという人も、結構存在します(というより、お金持ちは本当の友達以外には、一円足りとも払わない…ということが多いのですが。

何はともあれ、決断を早くできるのは、間違いなくお金持ちの友達の方です。これと同じで、大手の銀行カードローンの中でも、特に資本力は規模が大きい―。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

などは、他の銀行カードローンと比較しても、貸し倒れのリスクが小さい分、審査スピードも早くなっている…ということなんですね。(みずほ銀行は「クレジットスコアが高い人」だけに絞るため、あえて審査をゆっくりめにしているようですが…)

三菱東京UFJ銀行の土曜日・日曜日の借り入れについて

そして、三井住友銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の融資の話をしてきましたが、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの方はどうなのか。「専業主婦・学生」でも借りられるということは先に書いた通りです。そして、それ以外のポイントをまとめると、下のようになります。

  • 受付時間は、17時~18時である
  • 三井住友銀行は「21時」なので、時間的には、三井住友銀行の方が有利
  • 審査の所要時間は同じ「最短30分」
  • 三菱東京UFJ銀行の口座はなくてもいい

なので、最短即日審査の受付時間以外の条件は、すべて三井住友銀行と同じということですね。なので、下のようになります。

  • 17時や18時までは、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらでもOK
  • 17時~18時を過ぎたら、三井住友銀行

このような選び方になるわけです。ちなみに、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの土曜日・日曜日の審査の時間については下の通りです。

  • 土曜日…18時まで
  • 日・祝…17時まで

このようになっています。なお、平日は「20時まで」なので、三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクに、かなり近い時間になっています(両者は「21時まで」ですからね)。

オリックス銀行カードローンで土曜日・日曜日・祝日の融資するメリット

こうして「土曜日・日曜日のキャッシングがもっとやりやすい」銀行カードローン・消費者金融がある中、あえてオリックス銀行で土曜日・日曜日の借り入れをするメリットは何なのか。これはポイントをまとめると、下のようになります。

  • オリックス銀行の口座をメインに使っている
  • オリックスクレジットなどの、関連サービスを使っている
  • 今後もオリックス銀行で教育ローンなどを借りたいので、借入実績を作りたい

このような人におすすめだといえます。以下、これらのポイントについて、詳しくまとめていきます。

オリックス銀行の口座をメインにしている

これはオリックス銀行カードローンに限った話ではなく、土曜日・日曜日・祝日の融資だけに限りませんが―。

  • メインの銀行口座のカードローンで、その条件が悪くない場合―。
  • できるだけそこで借りた方がいい

これが、銀行カードローンでキャッシングするポイントとなっています。理由は下の通りです。

  • 審査に申し込みやすい
  • その後の返済がしやすい

こういう二点です。なぜこう言えるのか、それぞれ詳しく説明します。

利用実績があると、審査に申し込みやすい

まず、銀行カードローンにとって申し込みがあった時警戒するのは―。

  • この人は、まともな経済状況なのか?
  • 借りてすぐ破産する気ではないのか?

そして、普段からメインバンクとして使っている銀行の場合―。

  • お給料などのお金の流れが見える
  • なので、その人の経済状況がわかる
  • ↑(問題があれば、落とせばいい)
  • また、長年その口座を使って「活動」していたなら、「借りまくってドロン」のパターンではない(確率が高い)

「借りまくって逃げる」パターンの人は、大体新しい口座を作りますからね。(これまでの口座も使いますが、それだけでは足りないので)

ということで、日頃からメインバンクとして利用している銀行の場合、そこの銀行カードローンは審査に申し込みやすいのです。なので、これが1つ目の理由となるわけですね。

その後の借入・返済がやりやすい

さらに、メインバンクの銀行カードローンを利用すると、審査に通った後の返済・借入がしやすいというメリットがあります。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 提携ATMの利用手数料が無料になることが多い
  • ネットバンキングなどで、「24時間」利用できることが多い
  • 常に口座残高を把握できるので、引き落としの失敗もない

当然ですが、銀行カードローンとしては借入・返済でも自行のATMを使ってほしいので、その銀行の提携ATMで借入・返済した場合、手数料が無料になる(優遇される)ことが多いわけですね。

また、ネットで振り込みなどの手続きができる「オンラインバンキング」を使えば、年中無休・24時間、借入・返済をいつでもできる…というメリットがあります。ネットバンキングはパソコンはもちろん、スマートフォン・タブレットなどでも操作できるので、いつでも思い出した時に、すぐ返済できるということです。

また、買い物中に「お金が足りなかった」という時も、このオンラインバンキングで借り入れの手続きをして、それで買い物資金をキャッシングする…ということもできます。

もちろん、こういう使い方をする場合は「使いすぎに注意する」必要がありますが、何はともあれ「普段のメインバンク」でお金を借りると、これだけいろいろ便利になるし、有利になるのです。

住宅ローンなどを、そこの銀行で組む予定がある

これは少々特殊かも知れませんが、将来的に、住宅ローンなどn他のローンを、オリックス銀行カードローンで組む予定があるというのも、こうした方の場合―。

  • オリックス銀行での借入実績がないよりも、何らかの借入実績を作っておいた方が審査に申し込みやすい
  • その借り入れの種類が「カードローン」でも何でもいい

こういう理由があるからです。「オリックス銀行でなくても、他の銀行カードローン・消費者金融での借入・返済の実績も考慮されるのでは?」と思う人もいるかも知れません。これはその通りですが―。

  • 他の銀行カードローン・消費者金融での実績よりも、オリックス銀行カードローンでの実績の方が、より審査に通りやすくなる

こういうことで、あくまで「オリックス銀行で」住宅ローンなどを組むと決めている人の場合、カードローンもオリックス銀行カードローンにした方がいい、ということですね。

要は、すでに住宅ローンや教育ローンなどを「組む銀行」が決まっている場合は、そこで銀行カードローンも借りた方がいい…ということです。

(これはキャッシングの基本中の基本なので、覚えておいてください。余談ですが、こういう教育ローンや住宅ローンなども含めて、個人向けの融資は本来全部「消費者金融」といいます。消費者金融の対義語は「事業者金融」です)

オリックスクレジットの利用実績がある

オリックス銀行だけではなく、オリックスクレジットの利用実績がある場合も、オリックス銀行カードローンの審査にとりやすくなります。直接の経営は違いますが、グループ内なので、借入・返済の実績が共有されている…ということですね。

(絶対に共有されていると断言はできませんが、普通に考えて、共有しているでしょう)

ということで、下のように言えます。

  • すでにオリックスクレジットのサービスを利用している
  • そこで返済の延滞・滞納などのマイナスの情報がない

こういう人の場合、オリックス銀行カードローンの審査でも有利になります。他の銀行カードローンで「ゼロから」審査申込みするよりも断然有利になるので、そうした方にもオリックス銀行カードローンはおすすめです。

オリックスクレジットのサービスとは?

ちなみに、オリックスクレジットにはどんなキャッシングのサービスがあるのか、合わせて説明しておきましょう。一覧にすると下の通りです。

  • VIP Lyra CARD…女性向けローン(レディースキャッシング)
  • VIP Y’s CARD…20代専用の、若年者ローン
  • VIPローンカードレス…通常のVIPローンのカードレス版(低金利)
  • ORIX CLUB CARD…事業者向けローン(ビジネスローン)

他にもいろいろありますが、これらのオリックスクレジットの借り入れを利用している方(で、返済の遅延・延滞がない方)は、オリックス銀行カードローンのキャッシング審査も申し込みやすい…と考えて下さい。

その他のオリックス銀行関連の関連サービスも有利に

その他、オリックスグループは大企業なので、いろんなサービスを提供しています。

  • 不動産
  • レンタカー
  • 株式投資
  • オリックス・バファローズのファンクラブ?

などなど。これらのどれかを利用していることも、ある程度審査でプラスに働くことがあるかも知れません。特に「不動産・株式投資」などは、お金に関する情報として、キャッシングと直結するものなので、これらのサービスを利用している人は、オリックス銀行カードローンの審査でも有利に働く…と考えてもいいでしょう。

(しかし、オリックスクレジットほど直接の関連性はありませんが)

オリックス銀行カードローンの土曜日・日曜日の審査で、在籍確認はどうなる?

オリックス銀行カードローンの審査だけではなく、土曜日・日曜日のキャッシングをするときに、特に気になる(気になるだけではなく、実際に問題になる)のは、勤務先への在籍確認をどうするかということでしょう。言うまでもなく―。

  • 土曜日・日曜日・祝日は勤務先が営業していないことが多いので、在籍確認の電話をかけられても、確認が取れない

実際、オリックス銀行カードローンでも他の銀行カードローン・消費者金融でも「これが原因で審査落ちしている」という方は、たまにいるようです。

ネット上の口コミ・評判がどこまで本当かはわからないので、あくまで体験談を信じる限りですが。

そして、そうした「土曜日・日曜日のキャッシングの鬼門」とも言える「職場への在籍確認」ですが、これはオリックス銀行カードローンではどうなっているのか。それをまとめていきます。

オリックス銀行カードローンでは在籍確認が必須

オリックス銀行カードローンでは(というか、どの銀行カードローン・消費者金融でも)会社への在籍確認は必須となっています。そして、必須でも「回避する方法」があるモビット・プロミスのような消費者金融もあるのですが、残念ながらオリックス銀行カードローンでは、そのような―。

  • 回避の方法
  • 在籍確認の代替措置

このようなものはありません。(これは、他の銀行カードローンでも同じです。一番申し込みやすいと言われる新生銀行カードローン レイクでも同じです)

土曜日・日曜日・祝日の場合、「在籍確認が省略される」ことも

ただ、こういう事情で土曜日・日曜日のキャッシングができなくなる…というのは、利用者の方にとっては少々かわいそうなことでしょう。クレジットスコア(信用度)が低い人だったらともかく、クレジットスコア(信用度)が高い人なら、借りられないのは可哀想だし、オリックス銀行カードローンにとっても不利益になる(せっかくの優良顧客を逃す)となるわけです。

つまり、こうした事情があって在籍確認できないけど、信用度(クレジットスコア)は高いという人の場合「融資した方が、双方にとってウィンウィン」ということなんですね。

なので、オリックス銀行カードローンでもどの借入先でも、キャッシング審査では下が基本的なルールとなっています。

  • クレジットスコア(信用度)が高い人の場合―。
  • どうして在籍確認が取れないのかわかっているという時は、在籍確認を省略して融資することもある

こう書くと「意外とテキトーなんだな」と思う人もいるかも知れませんが、そういうことではありません。以下、なぜ在籍確認を省略してもいいのか、その理由を説明します。

在籍確認を省略してもOKな理由

オリックス銀行カードローンでもどこでも、このように在籍確認を省略してもいい理由は、法的な裏付けがあります。箇条書きすると下のようになります。

  • そもそも、勤務先への在籍確認は法的な義務ではなく、義務付けられているのは「申込者の返済能力を調査する」ということだけ
  • 要は「返済能力」さえわかればいいので、その方法は在籍確認でなくても何でもいい
  • ただ、在籍確認が一番確実な方法の1つなので、やっている

逆に言えば、在籍確認をしなくても、返済能力が高いとわかる人=信用度が高い人だったら、「もう返済能力の調査義務を果たしている」ので、「追加の在籍確認はしなくてもいい」ということなんですね。

なので、こうした方に関しては、在籍確認を省略してもいいのです。これが「法的な裏付け」であり、さらに「ビジネス的」な理由もあります。

ビジネス的にも、省略した方がいい

ビジネス的というと「オリックス銀行カードローンの利益を考えている」と思われるかも知れませんが、そうではありません。結論だけカンタンに書くと下の通りです。

  • 「不要な在籍確認」だったら、省略した方が、「コスト削減」になって「金利引き下げ」もできるし、「審査時間の短縮」にもなって「審査スピード」も上がる

このようになるわけです。

  • 金利
  • 審査スピード

の両面ですべての利用者にとって有利になるわけですね。もちろん、「在籍確認を省略しただけで、すぐに金利引き下げをできるわけではない」のですが、下のように言えます。

  • こうした「コスト削減」を1つずつ積み上げれば、金利引き下げもそのうちできるし、提携ATMの利用手数料を無料にする、などのサービスもできる

このようなことなのです。ちなみに、オリックス銀行カードローンの提携ATMの借入・返済の手数料は、現時点でも無料が多いのですが、それをさらに拡充できる…というわけですね。

というように、スピード面でもその他の面でも、「ムダな在籍確認」はしない方がすべての利用者のためになるので、省略した方がいい…ということです。

  • 法的に見ても問題なし
  • サービス的にも正しい
  • もちろん、経営としても合理的

こういうことで、まさに「三方良し」ということなのです。

  • 顧客
  • オリックス銀行カードローン

のすべてにとって良いということですね。都合が悪い人はオリックス銀行カードローンのライバルだけです。(もっとも、それだってキャッシングというサービス自体がすぐれたものになり、多くの人が気軽に利用できるようになることは、最終的には、競合の銀行カードローン・消費者金融にとってもプラスなのですが…)

このように、根本的な理由の説明が長くなりましたが、このように「クレジットスコアが高い人の場合は在籍確認を省略する」というのは、決して「審査が甘い、審査がゆるい」ということではなく「明らかにやるべきこと」なのです。なので、オリックス銀行カードローンもそうしている(ことがある)わけですね。

そのため、土曜日・日曜日・祝日に勤務先が閉まっているという人でも、オリックス銀行カードローンから見て問題なく融資できるような人であれば、職場への電話連絡なしでキャッシングできる…ということもあるので、希望を捨てないようにしてください。

土曜日・日曜日・祝日に営業している職場なら問題なし

言うまでもなく、土曜日・日曜日・祝日でも休まずに営業している…という職場だったら、全然問題ありません。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • コンビニ
  • ファミレス
  • レンタルビデオ店
  • ドン・キホーテ
  • マクドナルド

このような店舗ですね。(マクドナルドは、必ずしも24時間営業しているとは限りませんが…)これらの店舗や企業でアルバイト・パートをしているという方も多いでしょうが、そうした方は、土曜日・日曜日・祝日でも普通に在籍確認できるので、この点は安心して下さい。

オリックス銀行カードローンの在籍確認の電話の内容や、受け方

キャッシング審査を受けたことがない人は、勤務先への在籍確認の電話の―。

  • 内容
  • やり方
  • 流れ

などを知らないかと思います。カンタンに書くと下の通りです。

  • 内容…何もなし。「確認が取れたので融資します」だけ
  • やり方…本人でも職場の同僚でも、誰が出てもいい
  • 流れ…審査作業がすべて終わった後で、仕上げとしてやる

以下、詳しくまとめていきます。

在籍確認では、何も質問されない

勤務先への在籍確認というのは、文字通り在籍しているかどうか確認するだけなので、何かを審査したり質問したりする…ということはありません。つまり、たとえば申込者本人が電話に出たら―。

  • オリックス銀行…「田口壮さんでしょうか」
  • 田口壮さん…「そう、田口」
  • オリックス銀行…「ありがとうございます。これで確認が取れたのでご融資させていただきます」
  • 田口壮さん…「はい、お願いいたします」

田口壮選手といえば、イチロー選手がオリックスにいた頃に、一緒に活躍していた俊足の外野手です(大リーグの活躍の方で知っている方も多いかも知れませんが)。

上のようなオヤジギャクを飛ばす必要はありませんが、このように在籍確認というのは、ただ「在籍確認がとれたので、これでご融資させていただきます」ということを、オリックス銀行カードローンなどの銀行カードローン・消費者金融側が連絡する…というだけなんですね。理由は「もう、他の審査作業は終わっている」からです。

勤務先への在籍確認の電話は、ただの仕上げにすぎない

一部の例外はありますが、少なくとも大手の銀行カードローン・消費者金融のほとんどは、勤務先への在籍確認の電話は、最後の仕上げだけとなっています。つまり、在籍確認までいった時点で、もうキャッシング審査は終了したようなもの…ということですね。

理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 勤務先への在籍確認の電話をかけるのは、オリックス銀行カードローンなどの業者・銀行の側にとっても、それなりにコストがかかる
  • そのため、やるなら「もう確実に融資できる人」にしたい

つまりムダな労力は省きたいということですね。(これがすべての利用者の利益になる…というのは、先に書いた通りです)

そして、利用者にとっても―。

  • 在籍確認の電話というのは、どれだけ職場バレしないといっても、やはりかなり緊張する
  • そこまでされて「やはり融資できませんでした」となると―。
  • その銀行カードローン・消費者金融に対して恨みが生まれる

「恨み」とまで書くと、少々おどろおどろしいかも知れませんが、急ぎでお金が必要で焦っている時にそういう対応をされたら、あまりいい印象は持たないというのが普通でしょう。

となると、たとえばそれがオリックス銀行カードローンだったら、オリックス銀行カードローンの悪い口コミ・評判を、ネットで流されるかも知れないわけですね。人間の記憶ほどあてにならないものはなく、特にネガティブな感情は「本人の記憶の中で増幅されていく」という性質があります。

(この脳科学的な理由は、後で書きます)

そして、そのように悪い口コミ・体験談がどんどん脚色されていくと、「それを見た、キャッシングの情報サイトの運営者も、それを模倣して、架空の体験談を書く」…というように「オリックス銀行カードローンの評判・口コミが、どんどん悪くなっていく」…ということなのです。

そのようなことは、オリックス銀行カードローンとしても当然避けたいので、そうならないように在籍確認はあくまで、最後の仕上げとするのです。

悪い記憶が増幅される、脳科学的な理由

参考までに、これも解説しておきます。箇条書きすると下のようになります。

  • 人間の脳は、とにかく「刺激」を好む
  • 理由は「刺激が走る」ことによって、シナプスが作り変わるため
  • すべての生物や植物は「新陳代謝」をしないといけないが、脳も新陳代謝をするために「とにかく刺激がほしい」性質がある
  • そして、その刺激は「良い刺激」でも「悪い刺激」でもかまわない
  • とにかく「大きい刺激」が欲しい

これが前提です。そして、その「大きい刺激」を求めると―。

  • オリックス銀行カードローンの在籍確認で、嫌な思いをする
  • ↑(ただ、在籍確認で審査落ちしたというだけですが)
  • これで「一回目の刺激」が起きる
  • この刺激には「もう慣れて」しまう」
  • ということは、次にこの話題を思い出す時は、「もっと強い刺激」でなければいけない
  • そのためには「もっと嫌な思い出」に脚色しないといけない

ちなみに、この「脚色」というのは、科学的にどういうことかというと、下の通りです。

  • 何かを「思い出す」時、脳は「映像…視覚野」「音声…聴覚野」というように、脳の各部を「働かせて」いる
  • 「脚色」は、この「働き」が大きくなるように、視覚野・聴覚野などに「とにかく多くの電気信号を送る、ということ
  • 麻薬で強烈な電気信号が送られると、幻覚を見るように、「強烈な電気信号」がこれらの領域に送られると、記憶はいつしか捏造されていく

記憶は美化される、捏造されるというのは「科学的な説明」ができるわけですね。

もちろん、脳科学というのは実はわかっていないことだらけで(何しろ、脳の仕組みの9割以上が不明と言われる)、この仕組みについても、現時点で本などで説明されているものを、私がまとめただけです。

なので、国際学会などで「一致した意見」があるわけではありません。あくまで参考程度にしていただきたいですが、こういう理由によって―。

  • オリックス銀行カードローンでもどこでも、利用者にとって「悪い印象」を与えてしまうと、それによって加速度的に、悪い口コミ・評判が広まってしまう

こういうことなのです。「悪事千里を行く」というのは、こうした脳科学的な見地からも、ある程度説明できるわけです。(みんな、より大きい刺激を求めて、話を脚色していくわけです)

多重債務者が浪費してしまう原因とも重なる

一見、全然関係ない話をしたようですが、実はこれはキャッシングともものすごく関係があります。というのは、多重債務者の方々が浪費してしまう原因の1つが、この―。

  • 脳は、より大きい刺激を求める
  • それが「悪い刺激」でもかまわない

こういうことだからです。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • お酒
  • タバコ
  • ギャンブル
  • 夜遊び

こういった浪費が「ムダ」だとか「体に悪い」とわかっているのにやめられないという多重債務者の方は多いです。昔スーダラ節というヒット曲で「わかっちゃいるけど、やめられない」という有名なフレーズが流行しましたが、まさにそういう状態なんですね。

そして、その原因が「脳が刺激を求める」ことだったのです。多くの人は、「脳は、いい刺激を求める」と思っていますが、実はそれが間違いで、「いい刺激でも悪い刺激でも、とにかく強い刺激を求める」ということが、原因なのです。

悪いことの方が、刺激が大きい

多重債務者・借入超過者の方が、根本的に「浪費癖」を改善するために必要なことなので、もう少し書きます。そして、この「大きい刺激」というのは、実は―。

  • 「良いこと」…刺激が小さい
  • 「悪いこと」…刺激が大きい

となっているんですね。理由は下の通りです。

  • 良いこと…確かに生活が良くなるが「命を救う」ほどではない
  • 悪いこと…ヘタすると「命を落とす」刺激なので、全身が敏感に反応する

このようになるわけです。

  • 生物にとって一番重要なことは、「よりよく生きる」ことではない
  • 大切なのは「死なないこと」
  • つまり「死」や「怪我」「攻撃」などに関する、「マイナスの刺激」に関して、脳は敏感に反応する

こういうことなのです。こうした刺激に敏感に反応すれば、それだけ「早く逃げられる」ので、生き延びやすいということですね。

なので、実は私達にとって、「悪い刺激」ほどの快感はないのです。(本来快感ではないはずなのですが、脳が肥大化して、普通の刺激では新陳代謝が起きなくなった人間は、こういう悪い刺激の方に、快感を覚えるようになったわけです)

こうして体に悪いとわかっているのに、続けてしまう行為が増えるわけです。タバコについては、私が結構ファンである堀北真希さんもヘビースモーカーということで、必ずしも悪いことではないとは思いますが、何にしても「やめられない」のは、こういう科学的な理由がある…ということなんですね。

こうした「自分を操っている、科学的な仕組み」を知ると、借入超過者・多重債務者の方々も、自分の浪費癖のコントロールがやりやすくなるかも知れません。

まとめ「オリックス銀行カードローンの土曜日・日曜日の融資」

以上、オリックス銀行カードローンの土曜日・日曜日のキャッシング・審査について、脳科学的な話題も含め、あらゆる視点から書いてきました。最後に要点を整理すると―。

  • オリックス銀行カードローンは土曜日・日曜日の借り入れもできる
  • ただし「口座が必要」という条件
  • オリックス銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座が必要
  • 申し込み時間は、大体午前中だったら間に合う
  • ギリギリの時間は、14時~15時(15時はほぼ不可)
  • 審査の所要時間は不明だが、3時間~5時間程度と思われる

土曜日・日曜日・祝日に銀行カードローンでキャッシングしたいという方で、特に「オリックス銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座を持っている」という方は、ぜひチェックしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP