SMBCモビットは大口利用・返済計画の再編も可能?借入先の変更は?

SMBCモビットは大口利用・返済計画の再編も可能?借入先の変更は?

SMBCモビットには、返済計画支援のための融資はありません。そして、消費者金融なので銀行カードローンのように普段から貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)ということもありません。

  • 返済計画の再編というのは、基本的に「貸金業法第13条の2第2項の規定を超えて借り入れる」というのが基本なので、SMBCモビットでは返済計画の再編はできない

こういうことになります。なので、下のようになります。

  • SMBCモビット以外の消費者金融の返済計画支援のための融資
  • 銀行カードローンでの返済計画の再編

これらについて、解説していきます。

SMBCモビット以外の消費者金融の返済計画支援のための融資

実は、SMBCモビット以外の大手の消費者金融はすべて、返済計画支援のための融資を持っています。これは「いわゆる返済計画支援のための融資」であり、正式に「返済計画支援のための融資」というものがあるわけではないのですが…。

要は「貸金業法のルールに基づいた、健全な借入先の変更を支援するための、プラン」ということです。誤解がないように正式に説明すると、このように長くなってしまうのですが、とにかく、そういう「いわゆる返済計画支援のための融資」があります。

大手の消費者金融の返済計画支援のための融資・一覧

そして、そういう前置きをした上で、大手の消費者金融の返済計画支援のための融資を一覧にしていきましょう。

  • プロミス…「貸金業法に基づく 返済計画支援のための融資」
  • アコム…「貸金業法に基づく 借換え専用ローン」
  • アイフル…「おまとめMAX」
  • ノーローン…「返済計画支援のための融資」

アコム・プロミスなどの返済計画支援のための融資はこのように正式名称にも「貸金業法に基づく」と入っていますが、あくまで金融庁が、消費者のキャッシング利用が健全になるようにという目的で許可している、しっかりしたプランということですね。

このように、返済計画支援のための融資というのは、キャッシングの世界でも少々敏感な話題の一つなので、こうして前置きをしっかりする必要があるのですが、以下これらの消費者金融の返済計画支援のための融資の内容や金利について、詳しく解説していきます。

消費者金融の返済計画支援のための融資の金利(実質年率)

まず、一番重要な要素の1つ「金利(実質年率)」から見ていきましょう。それぞれの金利(実質年率)を一覧にすると、下のようになります。

プロミス 6.3%~17.8%(実質年率)
アコム 7.7%~18.0%(実質年率)
アイフル 12.0%~15.0%(実質年率)
ノーローン 12.0%~18.0%(実質年率)

もうキャッシングの知識がある人だったら、何度か見たことがある比較かも知れません。そして、この一覧・比較から言えることを箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 上限金利はアイフルが圧倒的に安い
  • 下限金利ならプロミスが一番安い

そして、それぞれ詳しく言い換えると―。

  • 返済計画再編の総額が少額なら、アイフルが良い
  • 高額の返済計画の再編だったら、プロミスが良い

そして、アコム・ノーローンは、残念ながら下限金利・上限金利ともに中途半端なので、金利面だけを見ると、特にノーローン・アコムで返済計画の再編をするメリットはない…と考えて下さい。

ちなみに、アイフルの返済計画支援のための融資については下の記事が参考になります。

アコム・ノーローンを利用するメリットがあるとしたら?

フォローは直後にした方がいいので、ここで書かせていただくと、あくまで金利面に着目した場合という話です。金利以外の審査などの面を見れば、ノーローン・アコムで返済計画の再編をするメリットもあります。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • アコム・ノーローンですでに借り入れている
  • 返済の延滞・滞納などのトラブルを起こしていない場合―。
  • その借入・返済の実績がプラスとなるので、返済計画支援のための融資の審査でも比較的有利になる

こういうメリットがあります。もちろん、これはアイフル・プロミスでも言えることなのでノーローン・アコムだけが特別ということではありません。ただ、すでにその条件に該当している(ノーローン・アコムで借入実績を積み重ねている)という方の場合は、「実際に、プロミス・アイフルよりアコム・ノーローンの方が有利」なわけです。

ということで、そうした方は、アイフルやプロミスではなく、ノーローン・アコムの返済計画支援のための融資を利用するメリットがあるでしょう。そして、それ以外の方であれば―。

  • プロミス・アイフルでの借入実績が、ある場合はもちろん、ない場合でも、アイフル・プロミスがおすすめ

といえます。大手の消費者金融の返済計画支援のための融資の中で、どれを活用して返済計画の再編をするか悩んだら、まずはこのような基準で、アイフル・プロミスに絞り込んでください。

アイフル・プロミスのどちらで返済計画の再編すべきか?

そして、アイフル・プロミスのいずれか…という所まで絞り込んだ上で、次はどちらで返済計画の再編をするべきか―。この基準は先にも書いた通り―。

  • 返済計画再編の総額が少額か、高額か、で決める
  • 少額ならアイフル、高額ならプロミス

そして、それぞれの理由についても解説していきましょう。

なぜ借入総額によって、おすすめが分かれるのか?

なぜ、このように返済計画再編の総額によって、借りるべき返済計画支援のための融資が分かれるのか。これは、下の通りです。

  • 上限金利…少額キャッシングの時に、適用される金利
  • 下限金利…高額借入の時に、用いられる金利

こういう違いがあるからです。

  • 上限金利はアイフルの返済計画支援のための融資が安いので、返済計画再編の総額が小口だったら、アイフル
  • 下限金利はプロミスの返済計画支援のための融資が低金利なので、借金総額が高額だったらプロミス

このように分けられるわけですね。ちなみに「少額キャッシングの時に~」と書きましたが、これは、下の通りです。

  • 「借入件数が一件だけ」の時も、「多重債務の時(複数の借り入れ)」の時も、要は「総額」が小さければ、上限金利が適用される

こういう意味です。

上限金利は基本的に「100万円以下」の適用金利である

例外もたまにありますが、基本的には上限金利というのはキャッシング総額が100万円未満の時に用いられる金利となっています。なので、下のようになります。

  • 多重債務でも、その借金総額を合計した時、その金額が100万円以下だったら、返済計画支援のための融資でも上限金利が適用される(ことが多い)

こういうわけですね。返済計画支援のための融資の場合「総額が100万円以下」というのは、割と少額な部類に入ります。数百万円レベルになって、初めて返済計画の再編をする…という人が多いですからね。

そして、その上限金利だけで、もう一度消費者金融の返済計画支援のための融資の金利比較をしてみましょう。上限金利だけ抜き出すことで、違いがより鮮明になるでしょう。

消費者金融の返済計画支援のための融資を上限金利だけで比較すると?

まずざっと一覧にすると、それぞれの上限金利は下のようになります。

アイフル 15.0%(実質年率))
プロミス 17.8%(実質年率 *上限金利のみ記載)
ノーローン 18.0%
アコム 18.0%(実質年率)

先にも書いた通りアイフルが突出して上限金利が安い…ということがよくわかるでしょう。そして、アイフル以外の消費者金融の返済計画支援のための融資の上限金利は、すべて「通常のキャッシングの上限金利と同じ」…という条件になっています。

なので、返済計画再編の総額が少額の時は、もう「迷うまでもなく、アイフルが低金利」となるわけですね。このアイフルの「15.0%」という上限金利は、大手の銀行カードローンの平均的な上限金利である「14.5%」にも近いので、相当な低金利…と考えて下さい。

下限金利だとプロミスが断然低金利

一方、これが「下限金利の勝負」になると、プロミスが逆転して、断然有利になります。これも下限金利だけで一覧にしてみると、よくわかるでしょう。

プロミス 6.3%(実質年率 *下限金利のみ記載)
アコム 7.7%(実質年率)
ノーローン 12.0%(実質年率)
アイフル 12.0%(実質年率)

先ほど堂々一位だったアイフルは、ここでは「ノーローンと並んで最下位」になってしまっています。アイフルのおまとめMAXの金利設定は、このように誰が見ても、誰のための返済計画支援のための融資なのか、ハッキリわかるくらいに、コンセプトがしっかりしているんですね。(つまり、少額の返済計画の再編のためのカードローンであり、数百万円などの高額の返済計画の再編をするためではない、ということです)

そして、逆にプロミスは「200万円~300万円」という高額の返済計画支援のための融資で有利…というように、これもまた「コンセプトが明確になっている」ということですね。

300万円というのは消費者金融の返済計画支援のための融資はすべて、最高限度額が300万円になっているからです。なぜ300万円なのかという理由は現在調査中ですが、何はともあれこうした最高借入枠も合わせて考えると―。

  • 上限金利より下限金利の影響が強くなるのは、200万円を超える段階からである
  • そして、300万円で借入枠自体が終わるので、プロミスの返済計画支援のための融資が有利なのは、大体「200万円~300万円の金額帯」

と推測できるわけですね。あくまで推測ですが、大体の目安として、参考にしていただけたら幸いです。

消費者金融でなく、銀行カードローンと比較すると?

ここまでは、消費者金融の返済計画支援のための融資の金利と比較してきました。ここからは、銀行カードローンで返済計画を再編する場合と比較してみましょう。

まず「銀行カードローン」と一口に言っても数が多いので、返済計画の再編に協力的と口コミ・評判で言われることがある銀行カードローンの中のみで比較します。例えば、下のような銀行カードローンがあります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG

そして、これらの銀行カードローンは大手の消費者金融と違い―。

  • 通常のキャッシングから「貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)」
  • なので、通常の金利が、返済計画の再編の時でもそのまま適用される
  • そのため、普通の金利を、そのまま比較すればいい

なので、その「通常のキャッシング」の実質年率(金利)を、一覧・比較しましょう。

大手の銀行カードローンの通常の金利・一覧

大手の銀行カードローンの通常設定の実質年率(金利)を一覧にして比較すると、下のようになります。

楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%~14.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0%(実質年率)
イオン銀行 3.8~13.8%(実質年率)

このようになっています。先ほど一覧にした、「返済計画の際編に協力的」な銀行カードローンに絞り込んだ場合ですね。そして、この金利を見て言えることは、下のように言えます。

  • オリックス銀行カードローンの上限金利はやや高い
  • なので、少額の債務の返済計画の再編の時は、オリックス銀行カードローンはおすすめできない
  • 代わりに、オリックス銀行カードローンは「下限金利」は一番低い
  • なので、やや高額な債務の返済計画の再編のためのローンとしては、おすすめできる
  • ↑(高額な分、審査は通常以上に厳正)

となります。その他の点についても書いていきます。

*オリックス銀行カードローンの返済計画支援のための融資(としての利用)については、下の記事でも詳しく書いています。

少額の返済計画の再編では、イオン銀行がいい

返済計画の再編の総額が小さい時は、消費者金融の返済計画支援のための融資の時と同様に「上限金利で比較する」ことになります。そして、そうやって上限金利で比較していくと、下のようになります。

イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率)

このように、イオン銀行カードローンBIGが一番安い設定になっているので、少額の返済計画の再編では、イオン銀行カードローンBIGが一番低金利になる…といえます。

みずほ銀行カードローンでもかなり低金利になる

ただ、見ての通りみずほ銀行カードローンの上限金利もかなり安くなっています。イオン銀行カードローンBIGと「0.2%」の差しかないので、基本的には「どちらでも、利用実績があって、申し込みやすい方で借りればいい」というのが、私の個人的な意見です。

実際、「返済計画の再編での0.2%」の金利差がどのくらいの利息差になるのか、それを計算してみましょう。

0.2%違うと、利息差はどうなるのか?

この0.2%という数字は「実質年率」なので、「年間の利息」を表します。そして、計算を箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 200万円の多重債務だったら、年間利息が「200万円の0.2%」違うということ
  • 200万円の1%が「2万円」なので、0.2%はその5分の1だから、4000円
  • なので、年間利息が4000円違うだけ

「だけ」と書いた理由は「月間利息」で完済して比較してみると、非常によくわかります。

  • 年間利息で4000円ということは、月間利息で「330円」である

そして、「ただの330円」ではなく、200万円という超高額を借りているということを、思い出して下さい。それでようやく「月間利息で、300円ちょっと」ということなんですね。

これは誰が見ても「少額」でしょう。よくお金持ち本などで「大富豪は、こういう少額でもおろそかにしない」ということが書かれていますが、これは誰がみても、おろそかにしていい金額です。おろそかにするというと響きが悪いですが、要するに「そんなことにこだわるより、さっさと仕事をして稼ぎを増やした方がいい」ということです。

(歩合給のお仕事だったら、働けば働くほど、収入は増えますからね)

このように、お金の話になりましたが、要するに「0.2%の金利差は、返済計画の再編の時であっても、全然大したことはない」というわけです。なので、下のようになります。

  • イオン銀行とみずほ銀行は、確かに0.2%金利差がある
  • しかし、これは実際の利子総額ではまったく大したことがないので、どちらで借りても同じである

そして、金利面で同じなら―。

  • 後は審査の通りやすさで比較するべきなので、銀行口座の利用実績がどちらかであるなら、それによって、その銀行の方が審査に通りやすくなるので、そちらの銀行カードローンで返済計画の再編をするべき

こういう金利計算をしっかりしていないキャッシング情報のサイトは「イオン銀行カードローンBIGの方が低金利なので、こちらがおすすめです!と書くだけですが、実際にはこういう金利差は大した違いではない…ということを、知っていただきたいと思います。

さらにみずほ銀行カードローンの返済計画の再編・返済計画の再編について知りたい方は、下の記事も参考になさってみて下さい。

もちろん、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも同じ

ちなみに、ここで書いたこと(イオン銀行カードローンBIGとみずほ銀行カードローンの比較)は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と比較した時でもいえます。もう一度上限金利を一覧にすると下の通りです。

イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)

このように「0.7%」の違いになっています。そして、先ほど―。

  • 200万円の借入総額で、1ヶ月の利息差が「300円」とわかったので、「0.7%」の金利差だったら、大体その3倍ちょっとなので、1ヶ月の利息差は「1000円」

わかりやすく概算にしましたが、これでほぼ合っています。つまり200万円という高額で返済計画の再編をしても、月々わずか1000円の利息差しかないということですね。もちろん、これでも「高額」と感じる人もいるかも知れませんが、個人的には下のように考えます。

  • 200万円でもこの程度の利息差だったら、むしろ「申し込みやすい」銀行カードローンで借りて、その審査申込みに回す神経や労力・時間を、日払いのアルバイトを探すことに回した方がいい

これが、正しい見方だと思います。日払いのアルバイトなんて、どれでも同じと思うかも知れませんが、そんなことはありません。仕事の探し方1つで、日払いのアルバイトの条件はかなり変わる…ということを、今から説明していきます。

日払いのアルバイトの探し方で、かなり変わる

具体的にどのような点で変わるのかを、たとえば1つ挙げると下のようになります。

  • 日払いといいつつ、「毎日計算する」だけで、その日中に払う「その日払い」ではないアルバイト先もある

こういうのがまず1つ。これは結構詐欺に近いので、これだけひどいお店や会社は少数派ですが、実は意外とあります。どういう勤務先でこのパターンがあるかというと、下の通りです。

  • 明らかに「余裕がある人」は働かない職場
  • たとえば「港湾労働」など、「明らかにお金に困っている人」が働きにくるような勤務先

このようになると、こうやって「足元を見てくる」ことがよくあるんですね。この「港湾労働」の辛さは、直木賞を受賞した西村賢太氏のベストセラー小説『苦役列車』でも描かれていますが、何はともあれ、こういう「貧困労働者の象徴」のように世間で思われているお仕事だと、雇用主側も「なめてかかってくる」ので、こうした「日払い詐欺」と言ってもいいシステムになる…ことがあるわけですね。


一般的な職場だったら、こういうひどい「屁理屈」のような日払いのルールにされることは、あまりありません(今の時代、そういう職場の悪い口コミ・評判は、「悪事千里を走って」しまいますからね)。

なので、そのような詐欺的な日払いのルールを設定する業者は―。

  • 大体、申し込んでくる人たちが、ネットを見ることもできないレベルの人たち

こういう環境・職種の業者だと思ってください。これだったら、悪い口コミ・評判をどれだけ流されても「痛くも痒くもない」ですからね。

本当におかしな話ですが、世の中にはいろんな人がいるので、そうやって平成の現代でも、昔のアメリカの奴隷商人のようなことをして平気でいる人たちがいるのです。『闇金ウシジマくん』に登場する「鰐戸三兄弟(ガクト)」もそうですが、お金に困っている人の事情につけこんで、こういう不利な条件をおしつけることを専門としている業者がいるので、くれぐれも注意してください。

全額日払いしてくれる所と、そうでない所

もう一つの大きな違いとしては、下の通りです。

  • その日の日給を、全額日払いしてくれるか、一部だけ日払いするルールか

こういう違いがあります。たとえば「日給8000円」稼いだとしたら―。

  • 8000円全部くれるアルバイト先と、半分の「4000円」しかくれない

こういうアルバイト先があるわけです。ちなみに、私が昔佐川急便の仕分け作業で日払いのアルバイトをしていた時は―。

  • 日給がどれだけであろうと、「上限5000円」までは日払い可能
  • それ以上は、月末で計算して普通に払う

このようになっていました。ちなみに、佐川急便が採用するくらいなので、これは日本企業のスタンダードな日払いシステムと思っていいでしょう。

(実際、日払いのアルバイトの体験談や口コミを読んでいても、このようなルールが多く見られます。なので、大体このパターンだと思ってください。普通のお仕事の場合)

水商売だったら、全額その日中にもらえる?

多くの人は、キャバクラやホストクラブなどのいわゆる「夜のお仕事」であれば、全額その日中にもらえる…と思っているでしょう。確かに大体の職場はそうなのですが、下のように言えます。

  • 水商売は、世間が思っているほど儲からない
  • 店舗によって、売上にはかなりの差があるし、同じ店舗の中でも「売れている人」「そうでない人」には、天地の差がある

こういうのが現実です。

  • 売れていない店舗や、売れていない人だと、全額は日払いでもらえないこともある
  • あるいは、何かと理由をつけて、天引きされることもある

このようになっています。これは、私が実際にホストクラブで働いていたことがあるので、実感としてわかることです。理論上は「時給3000円」なのに、サービス残業が、毎日8時間くらいあるということで、実際の時給は500円くらいしかない…という悲惨な事態でした。(ああいう閉鎖的な場所だと普通のオフィス以上に、サービス残業を断りにくくなっています)

ということで、水商売は確かに「比較的、その日払いをしてもらいやすい」お仕事なのですが、今の不景気な日本では、必ずしもそうとは限らないということを意識して下さい。(楽してお金を稼ぐ方法は、やはりどこにもないのです)

*なお、この辺の風俗業の「実は苦しい実態」について知りたい方は、『最貧困女子』『日本の風俗嬢』などの書籍をおすすめします。

大手銀行で一番低金利なのは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)?

以上―。

  • 銀行カードローンの返済計画再編時の金利は、大した差がない
  • だから、イオン銀行・みずほ銀行・楽天銀行であれば、どこで返済計画の再編をしても大差はない
  • それより、適切な日払いのアルバイトを探す…などの努力をした方がいい

こういうことを書いてきました。しかし、実は「劇的に変わる」ケースもあります。それは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画を再編して、短期返済するというケースです。以下、詳しくまとめていきます。

楽天銀行は初回30日間無利息で借りられる

通常のキャッシングの時でも、返済計画の再編の時でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でお金を借りる場合は「初回30日間無利息」でキャッシングすることができます。

返済計画の再編の時でもこの初回30日間無利息が適用されるかはわかりません。ケースバイケースのこともあるようです。しかし、下のようにも言えます。

  • 基本的には、返済計画の再編でも適用されることが多い
  • その場合、イオン銀行・みずほ銀行よりも、特に1年前後なら、大幅に低利息になる

こういう事実があります。実際、どのくらい楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が安くなるのか、利息計算をしてみましょう。

200万円の返済計画の再編で、初回30日間無利息になった場合

先ほどと同じく「200万円」の返済計画の再編だったとしましょう(返済計画支援のための融資だったら、大体このくらいの借入総額はありますからね)。そして、箇条書きしていくと、下の通りです。

  • まず「200万円」の時、「1ヶ月の利息」が、それぞれいくらか出す
  • イオン銀行…約1150円
  • 楽天銀行…約1200円

そして、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は初回30日間無利息なので、最初の1ヶ月の利息はそれぞれ―。

  • イオン銀行…1150円
  • 楽天銀行…0円

こういうことで、「1150円」の利息差がつきます。そして、これを2ヶ月目から、イオン銀行カードローンBIGが追いかけていく…ということですね。でいくらずつ追いかけていくのかというと、下の通りです。

  • イオン銀行…1150円
  • 楽天銀行…1200円

こういうことで「50円ずつ」差が縮まっていくわけです。そして、1150円を50円で割ると、「23」となります。つまりイオン銀行カードローンBIGが追いつくまでに、23ヶ月かかる…ということですね。

23ヶ月というのは、「1年11ヶ月」なので「ほぼ2年」です。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)で初回30日間無利息で借りれば、最初の2年間は、利息総額でイオン銀行カードローンBIGを上回る(安くなる)

そのため、最初の2年間で完済できるなら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画を再編した方が低利息ということになるんですね。

金利だけみるとこれはわからないのですが、このように「初回30日間無利息」というサービスまで計算に入れて比較&シミュレーションすると、こういう「意外な結果」になるのです。

なので、もし―。

  • 消費者金融でなく銀行カードローンで、返済計画を再編したい
  • できるだけ低利息にしたい

こういう方がいたら、イオン銀行カードローンBIGやみずほ銀行カードローンもいいのですが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が一番おすすめ…というのが個人的な意見です。

申し込みやすい銀行カードローンで借りるのが一番?

ただ、こういう見方もあります。それは―。

  • まず多重債務の時は、この状態を抜け出すのが最優先なので、少しでも「審査に通りやすい」借入先で返済計画を再編するべき

そして、下のように言えます。

  • 楽天銀行の口座は持っていない
  • みずほ銀行の口座や、イオン銀行の口座は持っている

こういう人の場合は、この口座の利用実績のおかげで、みずほ銀行・イオン銀行の方が審査に通りやすくなるという傾向があるのです。

これは返済計画支援のための融資の審査の時だけではなく、キャッシング全般で、特に銀行カードローンの時は、その銀行口座を利用しているほど、審査に通りやすくなるという仕組みになっています。これは大体わかると思いますが、下のように言えます。

  • 普段から使ってくれている「お得意さんへの感謝」の意味がある
  • 口座の入出金の履歴を見れば、その人が「架空の人物」でないことがわかる
  • また、お金の流れで「どういう生活をしているか」も、大体わかる
  • また、反社会勢力の口座でないかもわかる(ブラックリストとして登録されるので)

これらの理由によって、その銀行口座を持っている人は、銀行カードローンの審査で信用されるという風になっているわけですね。

なので、すでにイオン銀行やみずほ銀行で口座を持っていて、活発にそれを利用している…という場合は、みずほ銀行カードローン・イオン銀行カードローンBIGの審査に、それぞれ通りやすくなるのです。(口座を持っていない場合に比較して)

なので、その場合は普通にみずほ銀行カードローンかイオン銀行カードローンBIGで返済計画の再編をした方がいい(かも知れない)ということですね。そして、逆に楽天銀行で利用実績を残している人は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でお金を借りた方がいい…ということです。


…このように「金利でなく」「利用実績による審査の通りやすさに着目する」という考え方もあるので、返済計画の再編を銀行カードローンでしたい方は、これらの見方も参考にしていただけたら幸いです。

SMBCモビットは最高で800万円まで借りられる

SMBCモビットの記事なのに、SMBCモビットの話題がほとんど登場していないので、フォローのために?SMBCモビットについても再度書いていきます。

SMBCモビットは、冒頭でも書いた通り貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)となる「返済計画支援のための融資」がないので、返済計画の再編で利用することは、基本的にはできません。ただ、これは、下の通りです。

  • 返済計画の再編のほとんどが「貸金業法第13条の2第2項の規定を超える」からであって、もし「貸金業法第13条の2第2項の規定を超えないで」返済計画の再編ができる人であれば、SMBCモビットでも返済計画の再編をすることは可能

このようになっています。「貸金業法第13条の2第2項の規定を超えることなく」というのは―。

  • 貸金業法第13条の2第2項の規定というのは「年収の3分の1まで」という規制のことなので、返済計画の再編の作業を、その「年収の3分の1」の範囲内で出来る、…というくらい、年収が多い人…ということです。

こういう条件に該当するのであれば、SMBCモビットでも返済計画の再編はできるわけですね。最も、かなりのレアケースなので、確率としては文字通りの「万が一」程度ですが…。(つまり0.01%くらいですね)

そして、仮にそうした例外中の例外のケースで「SMBCモビットで返済計画の再編をできる」となったら、その時のメリットは「最大借入限度額が800万円」と、高額借入が可能になっていること、といえます。

最高借入限度額が、消費者金融で一番大きい

SMBCモビットのこの最高融資枠「800万円」という金額は、大手の消費者金融の中で一番大きい金額となっています。これは、他の消費者金融と合わせて一覧にしてみるとよくわかります。

  • SMBCモビット…800万円
  • プロミス…500万円
  • アコム…500万円
  • アイフル…500万円
  • ノーローン…300万円

一番少額なノーローンに対しては、SMBCモビットはなんと「500万円」もの最高極度額の差をつけているわけですね。そして、残りのアコム・アイフル・プロミスに対しても、やはり「300万円」という高額の限度額の差をつけている…ということです。

このように「たくさん借りられる」ということは、当然数百万円レベルの返済計画の再編でしやすい…ということです。この点は(万が一貸金業法第13条の2第2項の規定に関係なく返済計画の再編をできたら、という場合ですが)SMBCモビットで返済計画の再編をする時のメリットと言えるでしょう。

(繰り返しますが、貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲内で返済計画の再編をできるというのは「普通の人ではまずない」というケースなので、これはあくまで参考程度にしてください)

貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲内で、返済計画の再編をする方法

この辺がどうにも解せない…という人がいると思うので、説明していきます。まず「返済計画の再編」のやり方から説明しましょう。

現時点で、下のようなキャッシング状況だとします。

  • ノーローン…30万円
  • プロミス…20万円
  • アコム…10万円

そして、合計60万円の借入総額ですね。そして、これをSMBCモビットで返済計画を再編しようとします。

そして、ノーローンにこういったとしましょう。

  • あなた「すみません、SMBCモビットで返済計画の再編をしたいのですが」
  • ノーローン「それはいいですね。ぜひなさってください」
  • あなた「ありがとうございます。そして、どうすればいいでしょうか」
  • ノーローン「うちとしては、SMBCモビットさんかA様から、30万円をご返済いただければ、何も問題ありません」

(やり取りは、あくまで私の想像です)

つまり、ここでノーローン(想像)が言われていることは、下のように言えます。

  • あなた本人でも、SMBCモビットさんでもいいから、うちの借入残高である「30万円」を払ってくださればOKです

「当たり前すぎるくらい当たり前」のことですね。そして、プロミス・アコムでもやはり同様に言われます。


そして、それぞれの返済をしていくことになった。これはいいのですが、下のように言えます。

  • あなたは当然、お金をもう持っていない(多重債務者だから)
  • なので、SMBCモビットから借りることになる

となり、SMBCモビットの審査が始まるわけです。そして、ここで問題が起きるわけですね。

すでに、年収の3分の1まで借りている

基本的に、多重債務者の方々というのは「すでに年収の3分の1までキャッシングしている」という方がほとんどなのです。だからこそ多重債務者になってしまうわけですからね。

なので、このケースでSMBCモビットにお金を借りに行っても、こうなるわけです。

  • SMBCモビット「弊社としましては、ぜひ返済計画の再編にご協力させていただきたいのですが…」
  • SMBCモビット「残念ながら、A様はすでに年収の3分の1まで借りてみえるので…」
  • SMBCモビット「弊社がどれだけお助けしようとしても、貸金業法という法律によって不可能な状態でございます…」

つまり貸したくても貸せない状態なのです。法律ですからね。気持ちの問題ではないのです。

となると―。

  • 自分のお金もないし、SMBCモビットから借りることもできない

こういうことで、この人は、返済計画の再編ができないという状態になってしまうのです。

それを救済するために「貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)」のルールがある

そして、「これはいけないじゃないか」ということで生まれたのが「返済計画支援のための融資」です。貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)で、特別に借りられるというコースですね。「貸金業法第13条の2第2項の規定の例外」「貸金業法第13条の2第2項の規定の除外」などとも言われます。

  • 投資・ギャンブルなどのただの浪費と違って、返済計画の再編という健全な行動をしようとしているんだから、それは特別に、貸金業法第13条の2第2項の規定の例外として、応援すべきじゃないか

こういう考え方ですね。これはもっともです。金融庁も「ごもっとも」と思ったので、「貸金業法第13条の2第2項の規定の例外」という特別な規定を作ったわけです。

ということで、基本的に返済計画の再編は「貸金業法第13条の2第2項の規定を超えてお金を借りる」必要があるわけですね。ただ、ごくごく(と言うより、ごくを5回くらい繰り返して)まれに、貸金業法第13条の2第2項の規定を超えないで、返済計画の再編をできるというケースもあります。それがどういうケースかを、説明していきます。

(ようやく本題に入れた…という感じです)

年収が多い場合は、OK

もう一度先のケースを振り返ると―。

  • 返済のための資金を、「SMBCモビットで借りよう」とした時、「すでに年収の3分の1まで借りているので…」
  • と言われたことが、問題

…でしたね。つまりSMBCモビットにお金を借りに行った時、まだ年収の3分の1まで行っていなければOKだったわけです。

以下、その計算を箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 借入総額は「60万円」である
  • なので、SMBCモビットで「追加で60万円」借りられればいい

そして、下のように言えます。

  • そうなると、借入総額は「120万円」になる
  • これが「年収の3分の1の範囲内」であればいい
  • つまり「120万円」の3倍の年収があればいい
  • つまり「年収360万円」だったらいい

これが十分な年収があれば、貸金業法第13条の2第2項の規定を超えないで返済計画の再編ができるということなんですね。

もちろん、この金額はその人の借入状況によって変わります。ここではたまたま「360万円」になりましたが、「現時点の借入総額が多ければ多いほど」、必要な年収は高くなります。

現時点での借入総額が「100万円」だったら?

試しに、現時点のキャッシング総額が「100万円」という想定で、シミュレーションをしてみましょう。この場合、下のようになります。

  • 返済資金も100万円必要である
  • つまり、合計で「200万円」になる
  • その3倍なので「年収600万円」が必要

年収600万円というのは、日本人の平均世帯年収より、大体150万円多いですから、相当厳しいというのがわかるでしょう。

  • 金額的にも厳しいが、そもそも多重債務者の方々のほとんどは、日本人の平均年収以下の収入が多いので、「平均年収より150万円多い」というのは、その時点で不可能

絶対ではありませんが、「相当難しい」というのは、わかるでしょう。

返済計画再編の総額が200万円だったら、壊滅的

ちなみに、返済計画の再編というのは大体「200万円」は借りることが多いです。このくらいになってようやく返済計画の再編に乗り出す人が多いからですね。

そして、また200万円の時で同様にシミュレーションしてみると、下のようになります。

  • 200万円の返済資金を追加借入するので、総額「400万円」の借金になり(一時的とはいえ)、その3倍なので「1200万円」の年収が必要

「もう絶望的」というのがわかるでしょう。(絶望という言葉を使うと、漫画の絶望先生を思い出すのは、私だけではないでしょうが…9

年収1200万円は、日本人のほぼ上位1%である

ちなみに、この年収1200万円という数字がどれだけ厳しいかを書くと下の通りです。

  • 日本人の年収の上位1%が、大体年収1300万円(『お金持ちの教科書』の加谷珪一氏によれば)

つまり「100人に1人」しか稼げないような年収を稼いでいる…という人でなければ、この貸金業法第13条の2第2項の規定を超えないで返済計画の再編をするという離れ業はできないわけです。

なので、SMBCモビットでもこういう「ありえないケース」まで考慮すれば、確かに返済計画の再編はできるのですが、こうしたことは「まず現実には起きない」というわけですね。先ほど「万が一」と書きましたが、実際の確率としては「百万が一」くらいかも知れません。

ということで、SMBCモビットでの返済計画の再編というのはまず実現不可能なのですが、言うまでもなく「別にSMBCモビットにこだわる必要がない」ので―。

  • 他の大手の消費者金融か、楽天銀行・イオン銀行などの大手の銀行カードローン

そして、「普通に」返済計画を再編するようにして下さい。

SMBCモビットの返済計画支援のための融資・まとめ

以上、SMBCモビットの返済計画支援のための融資(はないのですが)について、まとめてきました。ここまで書いた内容を整理すると、下のようになります。

  • 他の消費者金融の返済計画支援のための融資だったら、アイフルかプロミスの返済計画支援のための融資がおすすめ
  • 返済計画再編の総額が小さい時は、アイフルが低金利
  • 返済計画再編の総額が大きい時は、プロミスが低利息
  • 大手の銀行カードローンで返済計画を再編する場合は、楽天銀行・イオン銀行・みずほ銀行あたりが、他の銀行カードローンよりも返済計画の際編に協力的

こういうことで、これらの銀行カードローンを特におすすめします。さらに―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)だったら、返済計画の再編の時でも「初回30日間無利息」で借りられる、というパターンが多いので、これだと一番低金利なイオン銀行よりも、約2年間、安い利息総額で借りることができる
  • なので、二年で完済できる自信がある人は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で借りるべき

以上、SMBCモビットで返済計画支援のための融資を利用できなかったからと言ってあきらめず、これらの大手の消費者金融・銀行カードローンで、返済計画の再編にチャレンジしていただけたらと思います。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP