アイフルは土日・祝日の即日融資・当日審査も対応可能!契約ルームでのカード発行が必要

アイフルは土日・祝日の即日融資・当日審査も対応可能!契約ルームでのカード発行が必要

アイフルは土曜日・日曜日・祝日の即日借入も可能となっています。もちろん、平日同様「あくまで可能」というだけであって誰でも、いつ申し込んでも土曜日・日曜日・祝日の即日借入ができるというわけではないので、まずこの点は注意してください。

といっても、アイフルは大手の消費者金融を代表する企業の一つですから、日本全国の消費者金融の中で、特に土日キャッシングがしやすい場所の一つ…というのは確かです。なので、収入や借入状況・職業などの総合的な条件に特に問題ない人であれば、アイフルでも土日借入は問題なくできる…と考えて下さい。以下、アイフルの土曜日・日曜日・祝日の即日キャッシングについて、詳しくまとめていきます。

アイフルの土曜日・日曜日・祝日の即日借入は、何時まで可能?

アイフルでもどこでも、土曜日・日曜日・祝日の即日借入というのは当然「時間内にもんだら可能」ということですが、では何時までに審査申込みをすればいいのか。これは、

  • 大体19時から20時がギリギリ
  • アイフルは大体21時まで、即日審査の作業をしている(土曜日・日曜日・祝日でも)
  • なので、その1~2時間前ということで、19時~20時

ということです。ただこれはあくまで目安なので、この時間に申し込んだら、必ず土曜日・日曜日・祝日の即日借入ができるというわけではないという点は注意してください。

(何やら注意書きの連続のようになってしまいますが、消費者金融の即日キャッシングというのは、平日でも土曜日・日曜日・祝日でもかなり敏感なテーマなので、こうして念入りに注意事項を書かなければいけないのです。)

アイフルは土曜日・日曜日・祝日でも最短30分で審査できる

pixta_18936575_XL

で、アイフルの土日審査はどのくらいの所要時間なのかというと、大体「最短30分」となっています。(最短で大体というのも変ですが…)

キャッシングの知識がある人は知っているでしょうが、アイフルは平日でも最短30分で即日審査できます。なので、それが土曜日・日曜日・祝日でもそのまま維持されている…と考えて下さい。

で、このように「最短30分」という審査の所要時間を見ると「1~2時間も早く申し込みしなくても、土曜日・日曜日・祝日の即日借入は間に合うのでは?」と思う人もいるかも知れません。ただ、これについては、

  • 「審査時間」は確かに最短30分だが、
  • 審査に通った後の「説明・融資の手続き」なども入れると、
  • 総合では「最短1時間」となることが多い

わけです。1時間というのはあくまで目安ですが、こうなることが多いです。

アイフル以外の消費者金融でも、最短1時間になる

実は、この「全部の作業を入れたら、即日融資は実際には最短1時間になる」というのは、アイフルだけではありません。大手の消費者金融はみんな、共通してこういう時間設定となっています。なので、これを考えると、

  • どれだけギリギリでも1時間前には申し込むべきで、
  • アイフルの即日審査が21時で終わるとしたら、
  • 20時には申し込まないといけない

となるわけです。しかも日によっては、あるいは状況によっては、21時まで審査していないこともあり得るわけですから、さらに1時間早めに見て「19時の申し込みでギリギリ」と思うべきなんですね。

できれば3時間は早めに申し込む

しかも、これはあくまで「審査が順調にいった」場合なので、たとえば、

  • 本人確認資料に不鮮明な部分があった
  • 不備はなかったが、そもそも信用度自体が低い

という場合では「審査時間が自然と長くなる」ものです。これはもちろん、アイフルだけでなくどの大手の銀行カードローン・消費者金融で申し込んでも同じです。

「身分確認資料が不鮮明だった」というのはやり直しになって当たり前ですし、クレジットスコアが低い人というのは、融資できるかどうか慎重に審査して判断するというシステムになっているので、どうしてもそのような方々の場合は、審査時間が長くなるわけです。

つまり、アイフル自体はスピード審査が可能なのですが、申し込む人の条件次第で、その審査の所要時間は変わってしまう…ということですね。なので、

  • 自分の職業・年収・借入状況などを見て、
  • 自分の信用度は低いだろうな、と思う人は、
  • 通常よりかなり早めに審査申込みするべき

ということです。もちろん、これもやはりアイフル以外のどの借入先で申し込む場合でも同じです。

(あるいは、クレジットカードや分割払いなどの審査でも共通して言えることなので、ぜひ覚えておいてください)

審査の混み具合は、それほど関係ない

普通の商品やサービスの感覚でいうと「審査が混み合っていたら、審査時間が長くなるのでは?」と思うかも知れませんが、これは、確かに中小の消費者金融だったらあります。

  • 審査するスタッフさんの人数も少ないし、
  • 会社自体の資金力も少ないので、
  • 貸し倒れが起きた時のダメージが大きく、
  • すべての申込者を、慎重に審査せざるをえない

ということですね。なので、中小の消費者金融で申し込んだ時には、確かにそのようになります。(審査の混み具合によって、審査時間が変動する…ということですね。)

しかし、アイフルレベルの大手の消費者金融になると、それはほとんど関係ありません。理由は、

  • 東証1部上場企業なので、
  • 審査に回るスタッフさんの人数も半端無く多く、
  • 資金力があるので、多少貸し倒れが起きても、債務整理されてもびくともしない
  • しかも、審査システムが完璧に整備されているので、
  • 短時間でも、中小の消費者金融より精度が高い審査ができる

ということです。なので、「どれだけキャッシング審査が混み合っても、それで審査時間が長くなる」ということは、ほぼないんですね。(世の中に絶対はいので、一応「ほぼ」と書いておきますが)

なので、そういう理由でアイフルの土日融資が遅くなる…ということはないと考えてください。平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、もしアイフルの審査スピードや融資スピードが遅くなったら、それは「申込者の信用度(クレジットスコア)に問題があった」と考えた方がいいでしょう。

(あるいは、逆に信用度が低過ぎて、あっという間に審査落ちして、スピーディーに審査結果が出た…ということもあるかも知れませんが。ちなみに、多重債務者だった頃の私は、これをノーローンで体験しました。笑)

なお、土曜日・日曜日・祝日・休日ではない、平日のアイフルの最短即日融資については、下の記事を参考になさってみて下さい。

アイフルは土曜日・日曜日・祝日でも即日振り込みできる?

pixta_20334695_XL

アイフルは土曜日・日曜日・祝日でも、即日振り込みが可能なのか―。これは不可能です。これについてポイントをまとめると、

  • 土曜日・日曜日・祝日は銀行が閉まっている
  • つまり、振込手続きをしても、それが口座に反映されない
  • なので、アイフルでもどこでも、
  • 土曜日・日曜日・祝日の即日振り込みは基本的にできない

というのが基本なんですね。ただ、これは銀行振込によって借りることができないというだけであって、即日キャッシング自体は問題なくできます(時間内で、審査条件を満たしていれば)。この違いについて書いていきます。

土曜日・日曜日・祝日はATMから現金で直接借りる

これはアイフルだけでなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも同じなのですが、

  • 土曜日・日曜日・祝日は銀行振込で借りることができないので、
  • 自動契約機・無人契約機などで「ローンカードの発行」をして、
  • そのローンカードを使って「ATMから現金で直接借りる」

という方法で即日借入をするわけですね。で、この「ローンカードの発行」というのが必要になるのですが、この作業について説明します。

ローンカードの発行とは?

まず、ローンカードとは何かを説明すると、

  • 銀行でいう「キャッシュカード」である
  • ローンカードをATMに差し込むと、
  • 自動的でにカードローンのメニューが始まり
  • キャッシュカードと同じ要領で、
  • 借入・返済・残高照会などができる

…という風になっています。やり方は本当にキャッシュカードとまったく同じなので、初めて消費者金融などでお金を借りる…という人でも、問題なく使えるでしょう。

で、そのローンカードを発行するのですが、発行方法は当然いくつかあります。で、その中でも土曜日・日曜日・祝日の即日借入をするのであれば「無人契約機・自動契約機しかない」(アイフルは契約ルームと呼びますが)ということなんですね。

ローンカードの発行方法

ローンカードを発行する方法は、大別して3通りです。

  • 郵送
  • 来店
  • ローン契約機

という3通りですね。ローン契約機については、別の呼び名としては、

  • 自動契約機
  • 無人契約機
  • 契約ルーム
  • ローン申込機

といったものがありますが、どれでも同じです。(契約ルームというのは、アイフルの固有の呼び方です)

で、この中で土曜日・日曜日・祝日の即日借入をするのであれば、郵送と来店はダメということになります。以下、詳しくまとめていきます。

郵送では、即日融資は間に合わない

まず、郵送がNGなのはわかるでしょう。数日後のキャッシングでもいいなら別ですが、ここでは「即日借入」をしたいわけですから、「悠長に郵便屋さんが来るのを待っている」ということはできないのです。

「郵便屋さんを待つ」というと、ビートルズやカーペンターズなどの名曲「Please Mr. Postman」を思い出す人もいるかも知れませんが、何はともあれ、そうやって郵送されるのを待っている、というのはあり得ないわけですね。即日キャッシングをしたい時は。

(バイク便という離れ業もあることはありますが、アイフルがバイク便の手配までする義務はないですし…)

店舗での発行も、土曜日・日曜日・祝日は無理

pixta_4711114_XL

もう一つの方法として「店舗でローンカードを発行する」というものがあります。正確に言うと、ローンカードの発行だけではなく、この場合は「審査の段階から」店舗でするのですが…。

残念ながら、この方法も土曜日・日曜日・祝日は使えません。理由は言うまでもなく店舗が営業していないからです。アイフルでも、プロミス・アコム・モビットなどの他の消費者金融でも、土曜日・日曜日・祝日はみんな、有人店舗は閉まっています。

(代わりに自動契約機・無人契約機などが営業しているので、それで即日借入は問題なくできるんですね。なので、別に休んでいいのです。というより、人間が休んではいけないと思う方がもちろん、おかしいのですが)

だから、土曜日・日曜日・祝日のローンカードの発行は自動契約機のみ

なので、こうやって3つあるローンカードの発行の方法を消去法で絞っていくと、土曜日・日曜日・祝日に即日発行したい場合は、無人契約機・自動契約機しかないという結論になるのです。なので、先の説明でも「ローン契約機でカード発行をして、土曜日・日曜日・祝日の即日借入をする」ということを書いたわけですね。アイフル以外の消費者金融・銀行カードローンでも、みんなこのルールになっています。

そうしてローンカードの発行さえすれば、このローンカードは「コンビニでも使える」ので、もう「24時間、平日だろうと土曜日・日曜日・祝日だろうと、いつでも即日借入できる」…という風になるわけです。

アイフルの自動契約機はどこにあるのか?

アイフルの契約ルーム(他の消費者金融でいう自動契約機)はどこにあるのか―。これはアイフルの公式サイトで調べていただくのが一番です。(ここで書いてもいいのですが、情報量が多くなりすぎるので…)

とりあえずどの地域でも、主要な駅前には大体あると思って大丈夫です。というより、もっとわかりやすい説明としては「街中で見かける、アイフルの看板の建物」が全部そうだと思っていただければOKです。

一部「ATMだけ」という例外もあるかもしれませんが、大きな看板が出ていたら、大体有人店舗か契約ルームのどちらかと思ってください。なので、そういうアイフルの看板の建物の見覚えがあったら「そこに行けばいい」ということです。

で、そうやって「あたり」をつけた後で、アイフルの公式サイトで検索していただくと、営業時間なども調べやすいでしょう。大体は「夜9時」まで土日審査に対応していますが、まれに時間が短くなることもありますし、そもそも臨時のメンテナンスなどで営業していない…ということもあり得ます。

これはアイフルに限らず、キャッシング審査では(というか、人間の仕事では)そういうトラブルがつきものなので、念のために事前に調べてから行く…という習慣をつけるようにしてください。

(どっかのお店に急ぎの買い物に行って、定休日だったという経験は、かなりの人がしているでしょう。スマートフォンが普及してからは、それも多少は減ったかも知れませんが…)

ローンカードの発行のやり方は?

アイフルのローンカードの発行の仕方・方法はカンタンです。無人契約機・自動契約機でやる場合ですが、

  • 契約ルーム(自動契約機・無人契約機)に行く
  • すでに審査に通っているので、自分の氏名・生年月日などを伝える
  • その場にあるマシンから、カード発行される

という風です。マシンなどのシステムや手順については、契約ルームの場所によって、少々違うかも知れません。しかし、基本的にはネット申込みで審査通過した後、ただ行くだけでOKです。大体5分もあればローンカードの発行はできるでしょう。

アイフルで土曜日・日曜日のキャッシングをする時の注意事項

アイフルに限らず、どの消費者金融・銀行カードローンでも共通して言える、土日キャッシングの注意事項とは何か―。これは箇条書きしていくと、

  • 基本的に「借りられる」ことを最重視する
  • 銀行カードローンは選択肢が狭いので、
  • 基本的に消費者金融がいい

ということ。特に銀行カードローンで土日融資を受ける時の注意点としては、

  • 土日審査OKとなっていても、
  • 「土曜日・日曜日・祝日は口座が必要」ということがある
  • なので、事前にその銀行口座を持っている人でないと、
  • そうした銀行カードローンでは、土日借入できない

ということです。これが特に大きい土日キャッシングの注意事項なので、まずこれについて詳しく解説します。

土曜日・日曜日・祝日は口座が必要な銀行カードローンが多い

平日は銀行口座なしでも即日借入できるのに、土曜日・日曜日・祝日だけは口座が必要になる…という銀行カードローンはよくあります。たとえば、大手の銀行カードローンの中では、

  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン

です。どちらも平日の即日キャッシングは口座不要という条件ですが、土曜日・日曜日・祝日になると「口座のない人は、即日借入不可」となるわけですね。

で、これを読んで、「何で土曜日・日曜日・祝日だけルールが変動するのか?」と思った人もいるでしょう。平日がOKなら、土曜日・日曜日・祝日もOKでは?ということですね。

この疑問はもっともなので、その理由とメカニズムを説明します。

土曜日・日曜日・祝日は、他行への振り込みが反映されない

この一言でOKかも知れませんが、

  • 土曜日・日曜日・祝日は当然、どの銀行も閉まっている
  • だから、「他行への銀行振込」は反映されない

ということ。つまり、楽天銀行・オリックス銀行自体は振込手続きをしてくれるのですが、その振り込みが「あなたの銀行口座」で反映されないということなんですね。月曜になってから「ラクテンギンコウ…10万円」というように、記録が反映される…ということです。

で、このように「他の銀行」への土曜日・日曜日・祝日の振り込みはできなくても、「同じ銀行内」だったらできるわけですね。つまり、

  • 楽天銀行だったら「楽天銀行の口座」には振り込めるし、
  • オリックス銀行だったら「オリックス銀行の口座」ならOK

ということです。しかもこれらの銀行は、もともとほぼネット専業の銀行なので、振込手続きというのはシステム的には「数字の移動」に近いんですね。厳密には違う部分もありますが、イメージとしては、ただ数字が移動しただけ…に近いのです。

たとえばフェイスブックの「いいね!」が土曜日・日曜日・祝日でも深夜でもリアルタイムで増えていくように、こうした「ネットがメインの銀行」の振込手続きは、リアルタイムで反映できるのが、ある意味当たり前なのです。

ということで、同じ銀行内であれば、オリックス銀行カードローンでも楽天銀行スーパーローンでも、問題なく土曜日・日曜日・祝日の即日キャッシングができる…ということです。なので「土曜日・日曜日・祝日は口座が必要」となるわけですね。

(つまり、楽天銀行・オリックス銀行としても、本当は「土曜日・日曜日・祝日でも口座なし」で融資したいのです。ただ、システム上、それはできないわけですね)


…と、オリックス銀行・楽天銀行の実例の説明が詳しくなりましたが、このように、

  • 銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の即日借入は、
  • 平日よりも何かと条件が多くて厳しいので、
  • 土曜日・日曜日・祝日の即日キャッシングをしたい時は、
  • 基本的に消費者金融で申し込んだ方がいい

ということです。これはキャッシングの知識がある人の間では、基本中の基本なので、ぜひ意識して下さい。

土日融資自体、対応していない銀行カードローンも多い

pixta_6017608_XL

オリックス銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンだったら、まだ土日キャッシングに対応しているだけマシです。マシというのもなんですが、わかりやすく言うと。

大手の銀行カードローンの中では土日融資自体不可能というところもあるんですね(中国語みたいになりましたが)。

たとえばどんな銀行カードローンが土日融資に対応不可となっているかというと、

  • 横浜銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

という2つの銀行カードローンです。どちらも「最高借入限度額1000万円で、全体的に低金利」という特徴がある銀行カードローンですが、そうしたサービスの良さと反比例してか、土日キャッシングはできないようになっています。

地方銀行のカードローンも、大体できない

また、地方銀行のカードローンも土曜日・日曜日・祝日の即日審査・当日融資はほぼ「全滅状態」となっています。ごくごくまれに「土日キャッシングできる」という地方銀行のカードローンもあるのですが、「例外中の例外」と思ってください。

そもそも、地方銀行のカードローンで最大手の一つである横浜銀行カードローンすら対応していないので、むしろ、横浜銀行より小さい地方銀行のカードローンが、土日キャッシングできる方が不思議なわけですね。

…というように、地方銀行のカードローンにしても、大手の銀行カードローンにしても、銀行のキャッシングは全体的に「土日借入がしにくい」ので、アイフルなどの消費者金融がいい…ということです。

(余談ですが、当然信用金庫・信用組合などのカードローンも、土日キャッシングでは不利です。ほぼ不可能となっています)

地方銀行のカードローンは、なぜ土日融資に対応しないのか?

参考までに地方銀行のカードローンで土日キャッシングができない理由を箇条書きすると、

  • 地方銀行は、従業員の人数が少ない
  • そのため、土日審査に回せるスタッフさんが少ない
  • また、そもそもカードローンの申し込み自体が少ない
  • 土曜日・日曜日・祝日になると、もっと少なくなる
  • だから、コストをかけて土日審査をしても、
  • それをカバーできるだけの売上増が見込めない

ということです。つまり、もし土日キャッシングOKとして、それで十分な売上が見込めるなら、地方銀行のカードローンもやる可能性があるわけですね。しかし「やっても利益が出ない」ことがわかっているから、やらないわけです。

(少なくとも「絶対に利益が出る」とわかっていることなら、企業は必ずやるのが常識ですからね)


何とも、こうした理由があって、地方銀行のカードローンも含めて銀行カードローンは総合的に「土日キャッシングの障害が多く、借りにくい」状態になっているのです。なので、キャッシングの知識がある人の間では「土日借入を確実にしたい時は、消費者金融で申し込む」というのが基本になっているわけですね。

土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れで、アイフルは手数料がかかる?

pixta_6633405_XL

アイフルで土曜日・日曜日・祝日の即日キャッシングをする時は、手数料がかかるか―。これは、借り入れに利用するATMによって違います。

  • アイフルの専用ATM…手数料無料
  • コンビニATM・銀行ATM…有料

となります。ただ、これについては何も問題ありません。というのは、

  • アイフルの土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れでは、
  • 先に書いた通り「ローンカードの発行」が必要になる
  • つまり「契約ルーム」に行く
  • そこに、大体「専用ATM」も設置されている
  • だから、そこで借りればいい

ということ。万が一のケースとしては専用ATMだけ胡椒していて、キャッシングできなかったということもあり得ますが、それはアイフルのような東証1部上場企業のしっかりした企業であれば、基本的にないと考えてください。

(顧客サービスとしてあり得ないのももちろんですが、ATMというのは消費者金融にとって「売上増」に直結するものですからね。それが故障しているということはめったにないのです。というよりゼロと言っていいでしょう。)

なので、そのような「例外中の例外」のケースを除けば、

  • ローンカードの発行をしたついでに、
  • そのままそこにあるアイフルのATMで借りられるので、
  • 土日借入で手数料がかかることはない

ということです。なので、アイフルで土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れを希望する方も、利用手数料については、まったく安心して下さい。

土曜日・日曜日・祝日以外の利用手数料は?

平日の利用手数料も、借入・返済ともに、

  • アイフルの専用ATM…無料
  • コンビニATM・銀行ATMなど…有料

となっています。で、利用手数料の金額は、ATMやキャッシングする金額によっても異なりますが、100~200円のどちらかと思ってください(これに消費税が別途かかります)。

この返済手数料というのは意外と大きいものです。特にキャッシング地獄にならないためには「小まめに返済する」というのが重要なのですが、

  • 返済手数料がかかるATMで小まめに返済していると、
  • 利息よりもむしろ、利用手数料の方が高くなる

というジレンマ・パラドクスが発生する可能性があります。なのでそのようにならないためにも臨時返済を小まめにする人は特に、利用手数料がかからない、アイフルの専用ATMを利用するようにしましょう。

アイフルの専用ATMは、街中に大量にあるので、この点についてはまったく問題ありません。自宅の付近か職場の付近のどちらかにあるはずなので、そこで常に臨時返済するようにしましょう。

(もっとも、自宅や勤務先の近くだと、知り合いや家族・ご近所の方に見られるかもしれない…という心配があるかも知れませんが…)

他の消費者金融の土日融資とアイフルを比較すると?

アイフルの土日キャッシングを、他の大手の消費者金融と比較するとどうか―。個別に比較して一覧にすると、

  • プロミス…アイフルの方が、やや審査通過率が高い
  • モビット…プロミスと同様
  • アコム…審査時間が、アコムの方がやや長い
  • ノーローン……アイフルの方が断然借りやすい

…となっています。(借りやすいというのは、いわゆる「審査が甘い」という意味ではありません。これは後述していきます)

以下、これら他の消費者金融とアイフルの、土日キャッシングの比較について、書いていきます。

プロミスよりアイフルの方が、審査通過率が高い

pixta_7662342_XL

あくまで微妙な差ですが、公式サイトの「マンスリーレポート」などを見る限り、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、プロミスよりアイフルの方が、微妙に審査通過率が高くなっています。

(月次データの審査通過率のデータは、平日・土曜日・日曜日・祝日で分けて書いてはいないので、どの曜日でも言えることですが)

審査通過率は同じ消費者金融・銀行カードローンの中でも、時期や月によって多少数値が変わるので、こうした「微妙な差」だと、時期によっては「むしろ逆転する」ということもあります。なので絶対的な違いではないのですが、ここ数年の統計を見ると、全体的にはアイフルの方がやや審査に通りやすい、と考えてください。

なので、たとえば、

  • クレジットスコアが低くて、
  • 当落線上ギリギリ、という方や、
  • プロミスやモビットなどの三井住友銀行系のサービスで、
  • 過去に返済トラブルを起こしてしまったことがある

というような人であれば、特にプロミスよりアコムで土日審査を受けた方がいい…といえます。少々ピンポイントというか、限られた条件ではありますが、少しでも審査通過率が高い方がいい…という方は、参考にしてみてください。

モビットもプロミスと同様

で、モビットもプロミスと同じ三井住友系ということで、審査通過率は公表されていないものの、大体似ている…と想定できます(あくまで推測ですが)。

また、三井住友系のサービスの中で、信用情報や借入・返済の実績が共有されているのではないか…ということも、プロミスと同様に指摘できます(これも想像ですが)。

なので、アイフルと比較した時の「アイフルで借りた方がいい理由」は、プロミスの時と同じになります。なので、同様の条件に該当する方は、アイフルで土日審査を申し込むことをおすすめします。

アコムとの比較だと、アコムがやや有利

アコムとアイフルの土日キャッシングを比較すると…、残念ながらこれは「総合的に、アコムがやや有利」という結論になります。箇条書きしていくと、

  • 審査通過率…アコムの方がやや高い(全体的に見て)
  • 審査時間…アコムの方が1時間長い(大体22時まで)
  • 在籍確認…アコムの方が「失敗しても借りられる」ことが多い(あくまで信用度が高い人、という条件)

ということで、土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れのどのポイントを見てもアコムの方が、微妙に有利となっているんですね。あくまで微妙な差なので、「基本的にはアイフルでもアコムでも変わらない」のですが、どうしても白黒つけるのであれば「アコムの方が土日キャッシングはしやすい」と考えてください。

三菱東京UFJ銀行系のサービスで、返済トラブルを起こした人

唯一の例外としては、

  • アコムは三菱東京UFJ銀行系の消費者金融なので、
  • 三菱東京UFJ銀行系のサービスで、遅延・延滞などをしたことがある人は、
  • その信用情報が共有されている可能性があるので、
  • アコムよりアイフルの方が、審査に通りやすくなる

という可能性があります。たとえば三菱UFJニコスなども三菱東京UFJ銀行系ですが、こうしたクレジットカードなどのサービスで返済の延滞・滞納をしたことがある人は、もしそれが三菱東京UFJ銀行系だったら、アコムでの土日キャッシングは「落ちるかも知れない」と思った方がいいでしょう(内容にもよりますが)。

なので、そういう特殊なケースでは、アイフルで土日審査を申し込んだ方が、土日借入をしやすくなる…といえます。(かなり限定されたレアケースではありますが)

ノーローンとアイフルなら、断然アイフル

pixta_7662417_XL

これは、比較するまでもないというくらい、アイフルの土日キャッシングの方が有利です。まず、審査通過率がまったく違います。

  • アイフルと比較した場合だけではなく、
  • ノーローンは大手の消費者金融の中で「断然審査が厳しい」ので、
  • ほぼ銀行カードローンに近い審査基準

となっているのです。ノーローン審査通過率は詳細には公表されていないのですが、ノーローンで審査申込みした方々の評判・口コミを見る限りは、「これは、やや借りづらいだろうな」と実感できます。

ということで、「それでも審査に通る」という自信がある人の場合(というか、普通の生活をしている人なら大体通る)は問題ないのですが、自分の信用度(クレジットスコア)だったら、ちょっとまずいかも知れない…という一抹の不安を抱えている方は、ノーローンよりアイフルで申し込んだ方がいい…と言えるでしょう。


以上、他の大手の消費者金融とアイフルの土日審査・土日融資を比較すると、このような結論になります。

  • 基本的にどれも「僅差」なので、
  • 区別をつけるために「少々強引な比較」もありましたが、
  • 要は「アイフルでもどこでも大体同じ」

と思ってください。これは別に消費者金融は没個性という悪い意味ではなく、

  • どこでも土日借入のサービスは、
  • 「これ以上改善できないくらい、充実している」ので、
  • どこで申し込んでも、一定のクレジットスコアがある人であれば、
  • 快適かつ問題なく土日キャッシングできる

ということです。あくまで「最低限の信用度がある人」に限られますが、そうした方々であれば「大手の消費者金融なら、アイフルも含めて、どこで土日審査を申し込んでも、問題ない」と考えてOKです。

アイフルの土曜日・日曜日・祝日の在籍確認はどうなる?

アイフルでお金を借りる場合だけではなく、土曜日・日曜日・祝日に即日キャッシングをしようとすると、最大の障害の一つとなるのが、「勤務先への在籍確認の電話」でしょう。理由はもう、言うまでもありませんが土曜日・日曜日・祝日は勤務先が閉まっているというケースが非常に多いからですね。

もちろん、その人の職場によっては、

  • ジョイフル(ファミレス)なので、24時間やっている
  • ドンキホーテなので、同じく24時間やっている
  • 街のほっとステーションなので、同じく年中無休・24時間営業

…ということもあるでしょう。なので、そのような職場(主にファミレス・コンビニ)で働いている方だったら、全然問題ありません。(普段は、夜勤などがあって大変そうですが)

で、そうでない方…、特に会社員・OL・公務員の方々で多いでしょうが「土曜日・日曜日・祝日は職場が休み」という方だと、在籍確認の電話が一番のネックになるわけです。

で、アイフルではこのような時(申込者の職場が土曜日・日曜日・祝日で閉鎖している時)はどうするのか。これを説明していきます。

クレジットヒストリーが良好な人なら、在籍確認が省略される

これについては、アイフル以外の消費者金融・銀行カードローンでも同等のルールとなっているのですが、

  • クレジットヒストリー(これまでの借入・返済の履歴)が良い人なら、
  • クレジットスコア(現時点の年収・職業などから計算)も合わせて、
  • 「この希望金額だったら問題なし」という範囲内で、
  • 在籍確認を省略して融資する

…ということがよくあります。平たく、簡単な言葉でいうと職場への電話連絡なしでOKになる(ことがある)ということです。繰り返しますが、あくまで、

  • 在籍確認する必要がないくらい信用度が高い人で、
  • かつ、その人だったら一切問題なく返済できるくらいの少額で、
  • さらに土曜日・日曜日・祝日で勤務先が定休日である
  • …というようなやむを得ない事情がある場合に限られる

という、かなりタイトな条件です。なので、単純に勤務先に在籍確認されたくないからなしにして欲しい…というような軽薄な理由では、基本的には、アイフルでもどこでも「職場への電話連絡なし」にはならないと考えてください。

後日あらためて、在籍確認の電話をかけるのが普通

pixta_10069755_XL

ただ、このように土曜日・日曜日・祝日で「仕方なく」在籍確認を省略して融資…となった時も、

  • 後日(大体月曜日)に、再度在籍確認する
  • その時不審な点があれば、融資を取り消す

ということもあり得ます。この「融資取消」というのは、

  • 強制解約・強制退会にした上で、
  • 借入残高をすぐに全額返済しなければいけない

というものです。「そんな一方的な」と思われるかも知れませんが、もちろん、融資する時に、

  • 本日は在籍確認がとれませんでしたので、
  • 後日あらためて在籍確認をさせていただきます
  • その時、何か不審な点がありましたら、
  • 残念ながら「契約解除」とさせていただきますので、ご了承ください

という説明があるはずです(言葉や内容は当サイト・美人キャッシングが考えたものなので、ケースバイケースで違うでしょうが、大体このような説明はある、と考えて下さい。)

で、そうして説明があった以上、

  • 後日あらためて在籍確認をした時に、
  • おかしな点・怪しい点があったら、融資取消になる

というのは当たり前なのです(また、それが本人のためでもあります)。

なので、もし何らかのやましい事情があって、勤務先への電話連絡なしで借りたいと思っているという方の場合は、「そうやってアイフルで借りると、かえって危険」ということを、よく知っておいて下さい。(アイフル以外の消費者金融・銀行カードローンでも、もちろん、同じです。基本的にやましいことは、どんな世界でもやらないに限ります。やましいことは「やると危険だから」やましく感じるのです)

モビット・プロミスは、アイフルと違い在籍確認の代替措置もとれる?

アイフルの土日借入の記事で、モビット・プロミスの宣伝のようになってしまいますが、どうしても「勤務先への在籍確認の電話自体を、なしにしたい」という場合は、プロミス・モビットだったら、在籍確認の代替手段を適用することも可能となっています。これはあくまで、

  • 代替手段で十分なくらい信用度が高い人
  • 在籍確認の回避をしたい事情を、ハッキリ説明できる
  • ↑(そして、モビット・プロミスがそれで納得する内容)

という2つの条件を満たす必要があります。基本的にアイフルで、在籍確認が省略されるケースとまったく同じです。で、以下「もし在籍確認の代替措置でOKとなったら」どんな方法で代替手段となるのかを、説明していきます。

ちなみに、モビットの審査での、職場への在籍確認の電話については現時点で詳しく書いています。こちらもよろしければ参考になさってみて下さい。

基本的に書類の提出でOK

モビット・プロミスのどちらの在籍確認の代替措置も、最終的にはケースバイケースで変わります。ただ、大部分のケースでは、「書類の提出」でOKとなっています。つまり、

  • 在籍確認の電話をわざわざかけなくても、
  • 「その書類を見れば」、確かに在籍しているとわかる

ような書類を提出すればいい…ということですね。で具体的には、

  • 勤務先の保険証
  • 勤務先の給与明細

となっています。特に重要なのは「保険証」の方ですが「勤務先の」と書いた通り今の職場で発行された保険証である必要があります。国民健康保険証ではいけないので、注意してください。

なお、プロミスも含めた勤務先への在籍確認のルールについては、詳しくは下の記事で解説しています。

国民健康保険証では、なぜいけないのか?

pixta_11709331_XL

これは、保険証としてダメということではなく「在籍確認の代わり」にはならないからです。国民健康保険証は会社・職場が発行するものではないということですね。

日本は、全ての人が必ず保険に入るようになっています。なので、たとえば無職・ニートの方々や、あるいはパート・アルバイト・フリーターであまりシフトに入っていない方などは、「全員、国民健康保険」に入るようになっているわけです。

で、そのように「全員保険に入れる」というのは、制度的にはとても良いことなのですが、

  • そのように「特定の勤務先」がなくても入れる保険は、
  • 「在籍確認の代わり」にはならない
  • ゆえに、「在籍確認の代替措置」では使えない

ということですね。あくまで「在籍確認の代替手段で使う書類」にはならないというだけであって、国民健康保険というシステム自体は、非常にいいものである…という点は意識してください。

(私自身も自営業・個人事業主に該当するので、国民健康保険に加入していますが)

給与明細書も合わせて提出する理由は?

職場の保険証(社会保険証・組合保険証)を提出する理由は、上に書いた通りです。では、もう一つの書類である「給与明細書」は何の目的があって提出するのか―。これは、保険証の信用度を、さらに補強するものです。つまり、極端な話「なくてもいい」わけですね。

  • 給与明細書は偽造できる
  • 少なくとも、保険証よりは偽造しやすい
  • だから、保険証ほどの信用度はない
  • しかし、どんな書類でも偽造はそれなりに大変だし、
  • ハードルを増やすことで、
  • 不正申し込みをしようとする「やる気」から、すでに削ぐことができる

ということ。実は、キャッシングでも何でも不正を防止するのに一番重要なのは「やる気を削ぐ」ことなんですね。

人間は「一つでも、実行のためのハードルがある」ことはやる気が落ちる…という習性があります。日頃ものを考えて生きている方なら、これはかなり痛感しているでしょう。

なので、何かを「絶対にやる!」と決めたら、やるべきことは「それが楽にできる環境を整備する」ことなんですね。

たとえば「1分1秒でも長く仕事をする」と決めたら物理的にそれが簡単になる状況を作る必要があります。

これは「キャッシングの返済」をより早くするためにも重要なことなので、少し書かせていただきます。

気合は要らない。「具体的な環境」を整える

たとえば私の場合「少しでも長くお仕事をすれば、それだけ貢献できる」という仕事内容です。そのため、「移動時間や食事時間」も含めとにかく「文章を書く」以外の時間をゼロに近づけるというのが、「物理的に重要」なことです。

で、私は最寄り駅のスターバックスやネットカフェで仕事をするのが習慣になっているのですが、駅と自宅の移動時間をなくすために、今は駅前のホテルで生活しています(自宅は駅から徒歩5分のマンションなのですが、それでも昼寝に戻ったりするには遠いので)。

こうして「物理的に仕事時間を増やすのが楽」な状態にすると、特に「気合を入れる」ということをしなくても、淡々と仕事が進んでいくのです。

…と、自分の経験談をお話ししましたが、これとは逆に不正行為を防ぐには、逆に「物理的に、不正を働くのが面倒な状況・条件」を整えればいいわけですね。なので、給与明細書でも何でも「提出書類を多くする」と、それだけキャッシングの不正申し込みも防ぎやすくなるのです。

なので、職場の保険証だけではなく、給与明細書もセットで提出させる…というようになっているんですね。


なお、ここで書いた「何かを達成するためには、それが簡単になる環境を整える」…というのは、キャッシングの返済でもそのまま応用できるテクニックです。たとえば毎週月曜日は、余っているお金を臨時返済に回すというように、パターン化する…などですね。

人間は「パターン化した行動」は、特に何も考えなくても「自然にやってしまう」ようになっています。科学的な実験結果もたくさんありますし、皆さんも実生活の経験からわかるでしょう。

ということで、キャッシングの臨時返済・追加返済も「それをパターン化して、習慣にする」というだけで、全然苦痛を感じず、気楽に、なかば自動的にできるようになる」ということなんですね。なので、できるだけ早期返済をしたいと思っている方は、こうした「パターン化」の思想を取り入れてみてください。

プロミスの代替措置・まとめ

以上、プロミスの在籍確認の代替措置では、

  • 職場の保険証
  • 職場の給与明細

と言う2種類の書類を提出すればOK…ということでした(基本的に)。これはあくまで「大体この条件になる」というだけで、人によっては条件が追加されることもあるという点は注意してください。(キャッシング審査は何でもそのようにケースバイケースになります)

また、そうして代替措置の条件自体は満たしていても、最終的に職場への電話連絡なしでOKになるかどうかは、プロミスが判断することである…という点も意識して下さい。(つまり、希望に添えないこともある…ということです)


で、プロミスの在籍確認の代替手段についてはこの通りなので、次は「モビット」の方も解説していきましょう。

モビットの代替措置は書類が多くなる

モビットも、まず基本として「プロミスと同じ書類」を提出します。そして、さらに追加として、

  • 所得確認資料の提出
  • 身分確認資料の指定
  • 銀行口座の指定

などがあるようです。実際の所はいろんな内容の体験談・口コミがあって明確にはわからないのですが、おそらく「その人のクレジットスコア(信用度)に応じて、内容が変わる」のではないかと、推察されます。

本人確認資料の指定がある

まず、本人確認資料については、(あくまでその口コミが本当であれば)パスポート・運転免許証のどちらかが求められるようです。つまり、

  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 印鑑証明書

というような、一般的なキャッシング審査では本人確認資料として認められるものではダメ…ということのようですね。

「運転免許証・パスポートのみ」となる理由は、下の通りです。

  • キャッシング審査でも何でも、
  • 身分確認資料として信用度が高いのは、
  • 保険証か、パスポート・運転免許証の「3種類」である
  • で、保険証はすでに「会社の保険証」を出している
  • なので、残るのは「パスポート・運転免許証」だけである

ということです。考えてみると、シンプルな理由ですね。

基本的に運転免許証が一番いい

pixta_15922649_XL

で、基本的には運転免許証の方がより高評価となります。もちろん、パスポートだと在籍確認の代替措置がNGになる…というようなことはありませんが、運転免許証があるなら、そちらを素直に提出した方がいいでしょう。

運転免許証の方が優先されるというのは、モビットの在籍確認の代替措置だけではなく、消費者金融・銀行カードローンのキャッシング審査全般で、そうなっています。

たとえば(今、アイフルの記事なのでアイフルについて書くと)アイフルの最短即日審査の必要書類でも、本人確認資料では、

  • まずは運転免許証
  • 運転免許証を「持っていない人のみ」
  • 「これらのいずれか」

…という風に、各種健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート…といった他の身分証明書が例示されています。

そして、この身分確認資料の例示の仕方は、やはりモビットなど他の消費者金融でも大体同じとなっています。やはりキャッシングでも他の世界でも、何か審査する時には、運転免許証が一番信用される…というのは基本中の基本なんですね。


…と運転免許証を礼賛する内容が少々長めになりましたが、こうした理由からモビットの在籍確認の代替措置では「身分確認資料が指定されることもある」ということです(あくまで、それらの口コミ・評判が本当なら、です)。

年収確認資料は何を提出すればいい?

pixta_17334247_XL

で、収入確認資料の方は何を提出すればいいのか?これは基本的な所得確認資料であれば、何でもOKとなっています。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 課税通知書
  • 納税証明書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

…といったものに加えて、人によっては、

  • 支払調書
  • 年金証書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳

といった所得確認資料を提出する…場合もあるでしょう。何はともあれ、このように確実に、自分の収入を証明できる書類・資料であれば、基本的に全部OKとなっています。

本来、モビットの審査では収入確認資料は必要ない

これはモビットの在籍確認の代替措置に限らず、アイフルの通常のキャッシング審査でも、その他の消費者金融・銀行カードローンの審査でも同じなのですが、

  • キャッシング審査では、基本的に収入確認資料は必要ない
  • 50万円などの所定の金額をオーバーする時だけ、必要になる

という条件なんですね。これは貸金業法で決まっていることなので、モビットもこれに習っています。

で、そのように本来のモビットのキャッシング審査では、所得確認資料は不要なのですが、在籍確認の代替措置の時だけは、それが必須になる…ということです。

なので、当たり前すぎるくらい当たり前ですが、在籍確認の代替措置というのは「通常よりも、審査条件がいろいろと厳しくなる」ということなんですね。ただ、これについては「普通に収入確認資料を提出すればいいだけ」なので、手元に年収確認資料がある人であれば、特に問題ないと考えていいでしょう。

銀行口座の指定は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行

で、最後の「銀行口座の指定」ですが、これは割とほとんどのモビットの在籍確認の代替措置で、必要になるようです。そういう口コミ・評判が多いです。

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座(片方でOK)を持っていればいい…という条件ですが、これは単純計算で「日本人の3分の2」くらいの人が満たせるのではないでしょうか。

(3分の2というのは、みずほ銀行も加えてメガバンクが3つあるからです)

これにみずほ銀行も指定の口座に加わっていたら、日本人のほとんどは大丈夫でしょうと書けたのですが、残念ながらみずほ銀行の口座では、モビットの在籍確認の代替措置には使えません。なので、もしこの条件が在籍確認の代替措置に加えられたとしたら(人によって変わるかもしれないので、こう書いています)、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人しか適用されない…ということで、理解してください。

なぜ三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行なのか?

pixta_12966864_XL

これはキャッシングの知識がある人だったら知っているでしょうが、

  • モビットの設立には、もともと三菱東京UFJ銀行が関わっていて、
  • 今は三井住友系のブランドになっている

ということなんですね。なので、この2つのメガバンクのどちらかになっている…ということなのです。

何のために、銀行口座の指定をするのか?

これはモビットが公式にアナウンスしているわけではないので、あくまで私の推測ですが、

  • 少しでも条件を多くした方が、不正申し込みを防ぎやすい
  • 銀行口座があるということは、住所確認が済んでいる
  • 反社会勢力の口座だったら、情報共有がされているので、
  • そうした「危険な相手」でないこともわかる

ということです。つまり、キーワードだけピックアップすると、

  • 条件を多くする
  • 住所確認
  • 反社会勢力

ということですね。一番わかりやすいのは、やはり条件を多くした方が、不正行為がしにくくなるということでしょう。先に書いた「ハードルを増やしたり減らしたりするだけで、人間のモチベーションはコントロールできる」ということと同じですね。

…と、すべてこれらの理由は私の推測ですが、理由が気になる方は参考にしていただけたら幸いです。

(お金を借りることに、直接の関係はないんですけどね…。笑)

モビットの在籍確認の代替措置・まとめ

以上、モビットの在籍確認の代替手段についても、プロミスと同様に提出書類や、適用される条件などをまとめてきました。基本的には、プロミスの時と同じく、

  • これらの在籍確認の代替措置の条件を満たせば、
  • 必ず在籍確認を回避できるということではなく、
  • あくまで最終的にはモビットが判断する

ということです。なので、ここでも結局は総合的な信用度がモノを言うと思ってください。

まとめ「アイフルの土曜日・日曜日の審査・融資」

pixta_17395231_XL

以上、アイフルの土日キャッシングや土日審査について、モビット・プロミスの在籍確認の代替措置の条件なども絡めつつ、幅広い視点からまとめてきました。最後に要点を整理します。

  • アイフルは土日審査・土日キャッシングも可能である
  • 審査時間は一応、土曜日・日曜日・祝日でも21時までとなっている
  • ただ、これは店舗や状況・条件によって変わることもある
  • なので、早めに18時か19時には申し込んだ方がいい

というのが、申込み時間についての条件。そして、

  • 土曜日・日曜日・祝日は銀行が閉まっているので、
  • アイフルでもそれ以外の消費者金融でも、
  • 即日振り込みによって借りることはできない

ということ。なので、

  • ATMから現金で直接借りるため、
  • ローンカードの発行をする必要があり、
  • そのローンカードの発行のために、
  • 契約ルーム(自動契約機・無人契約機)に行く必要がある

ということです。なので、アイフルの契約ルーム・自動契約機が、ある程度自宅の近くにある必要がある…ということですね。

(一般的な街に住んでいる方であれば、これは問題ありません。よほどの過疎地・僻地でない限りは…)


…というのが、アイフルの土曜日・日曜日・祝日の即日借り入れのまとめです。平日同様「即日キャッシング自体は対応しているけど、当日借入できるかどうかは、その人次第」という大原則は、忘れないようにして下さい。

(皆様の土日キャッシングの成功を、お祈りいたします。…と、手紙風に締めてみます。笑)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP