30万円を今すぐキャッシングしたい!職業・属性別の審査条件・提出書類は?

30万円を今すぐキャッシングしたい!職業・属性別の審査条件・提出書類は?

30万円を今すぐキャッシングしたい!という場面も割とあるでしょう。10万円などの少額の時ほど頻繁にはないでしょうが、長く生きていればそうした大きい金額がすぐに必要になる…ということもあるものです。

ここではそのように30万円をキャッシングしたい時に、職業・属性別にどのくらい申し込みやすいか、提出書類・必要書類などの条件yは何か…ということを説明していきます。また、みずほ銀行カードローンなど最短当日借入でおすすめの銀行カードローン・消費者金融も紹介していきます。

今すぐ30万円借りることは可能?

消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングでは、今すぐ30万円を借り入れする…ということも一応できます。一応というのは、人によってもらえるキャッシング枠は違うので、30万円借りられるとは限らないということです。最短当日借入自体は、申込み時間がある程度早ければ、誰でもできるようになっています。しかし、30万円という金額については、人による…ということですね。

具体的にどのような状況・条件であれば、最短当日キャッシングで30万円の借入枠をもらうことができるのか、そこから書いていきます。

30万円のキャッシング枠が設定される条件

当たり前ですが、これは明確に決まっているわけではありません。ただ、大体下のように言えます。

  • パート・アルバイト・フリーターの方々だったら、月収8万円は絶対に必要
  • 会社員・OL・公務員は大体借りられる
  • 学生は、最初のキャッシングではほぼ無理
  • 個人事業主・自営業・会社経営者・法人代表者は収入次第
  • 無収入の専業主婦は、大体借りられる
  • 年金生活者は、アルバイトの収入による

以下、これらの職業・属性別に、30万円の最短当日借入がどのくらいの収入・勤続年数などの条件であれば実現するのか、それを説明していきましょう。

アルバイト・パート・フリーターの場合

まず、キャッシングの最短当日借入自体は、アルバイト・パート・フリーターでも全く問題なくできます。これはキャッシング・カードローンの知識がある人であれば完全なる常識中の常識として理解しているでしょうが、自分の収入があれば借入可能というのは、個人金融の世界では常識なんですね。

というわけで、最短即日キャッシング自体は、ごく当たり前のようにできます。問題は「30万円借りるのに、どれだけの月収が必要か」ということです。

結論を書くと、上に書いた通り「月収8万円は、絶対に稼いでいないといけない」といえます。この理由から説明します。

なぜ月収8万円が絶対に必要なのか?

これもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人ならばすぐに気づいたでしょうが「総量規制」によるものです。総量規制というのは「年収の3分の1までしか借り入れができない」という規則ですが、月収8万円だと年収96万円なので、3分の1は32万円となるわけですね。つまり「月収8万円の人の最高限度額は32万円」なのです。30万円のキャッシング枠を得るためには、月収8万円というのがギリギリのラインなんですね。

ギリギリということは、当然それ以外の勤続年数やクレジットヒストリーなどの条件が揃っていなければ、30万円の最高限度額をもらうのは難しいということになります。たとえば勤続年数が長い、これまでクレジットカードの返済などで延滞・滞納をしたことがない…というような人であれば、月収8万円のパート・アルバイト・フリーターでも、30万円の与信枠をもらうことは可能です。

しかし、こうした諸条件がそれほど良くない場合は、30万円の最大融資枠をもらうのは、少々厳しいかも知れない…と思って下さい。20万円など、少々減額された借入枠になるか、あるいは審査が甘い・ゆるいキャッシング業者だったらもらえる可能性もあります。

(ただ、大手の消費者金融・銀行カードローンで審査が甘い所はないので、この点は理解して下さい。審査が甘いキャッシング業者というのは、基本的に中小の消費者金融のことです)

勤続3ヶ月は絶対に必要

月収8万円という条件に続いて、アルバイト・パート・フリーターがキャッシングをするには「勤続3ヶ月」という条件は絶対必要といえます。これも決まっているわけではないのですが、一般常識で考えて、最低でも3ヶ月程度は働いている人でなければ、安定収入があるとは認めないとなると思います。キャッシングの審査の申込資格は「毎月安定収入があること」ですから、「毎月」というには、最低でも3ヶ月はその職場で勤務していないといけない…ということですね。

これを裏付けるように、たとえばキャッシングの審査で収入確認資料の提出が必要になる場合も、給与明細書を提出する場合は「2ヶ月分を提出する」という風になっています。2ヶ月分の給与明細書を提出するには、3ヶ月は勤務していないといけないということです。これを見ても年収確認資料が求められた時であっても、勤続3ヶ月あれば、審査をクリアできる…ということがわかるでしょう。

会社員・OL・公務員は大体借入可能

アルバイト・パート・フリーターのような非正規雇用ではなく、会社員・OL・公務員・サラリーマンとして働いている方々は、大体30万円は借りられます。勤続年数にもよりますし、新入社員などは少々難しい場合もありますが、勤続1年以上ある人だったら、初めてのキャッシングでも30万円借りられる可能性は高いと思って下さい。

パート・アルバイト・フリーターと会社員・OL・公務員でこれだけ借入可能金額が変わって来るのは、やはり「安定性」の問題です。収入の問題ではありません。

収入だけだったら、たとえばパチンコ店のアルバイトだと、月収30万円を超えている人も多くいます。しかし、こうした方々よりも月収20万円であっても、正社員として働いている方の方が信用される…ということですね。この理由を箇条書きすると、下の通りです。

  • パート・アルバイト・フリーターの方々は、いつやめるかわからない
  • やめなくても、クビになるかも知れない
  • 統計的に見て、非正規雇用でキャッシングに手を出す人の方が貸し倒れのリスクが高い

と言うような理由です。実際、上のパチンコ店の月収30万円のアルバイトの方の例を見てもとっさに「でも、いつまで続くかわからないし」と思った方は多いでしょう。実際、私もパチンコ店で借金返済のために働いていましたが、従業員の方々の回転率が異様に早いです。つまり、多くの人がすぐに辞めてしまうということです。

大体、アルバイト・パート・フリーターで高給がもらえるお仕事というのは、水商売が典型的ですが、みんな短期間でやめてしまいます。そして、仕事をやめるというのは、キャッシングの返済で一番危険な兆候なのです。仕事をしている限り、スローペースではあってもみんな何とか返済はできるのですが、これが仕事をやめてしまった、あるいはクビになってしまったとなると、一気に返済できなくなるわけですね。

本人が真面目で、会社側もクビにするつもりがなかったとしても、体を壊して、働くことができなくなるという場合もあります。

この場合、会社員・OL・公務員・サラリーマンだったら、しばらくは失業保険が出るわけです。有給休暇のある会社だったら、しばらくそれを消化することも可能でしょう。しかし、アルバイト・パート・フリーターだとそれができません。「いきなり収入ゼロ」になってしまうのです。

ということで、パート・アルバイト・フリーターの方々と会社員・OL・公務員の方々を比較すると、収入の問題ではなく、安定性という点からも、会社員・OL・公務員・サラリーマンが断然信用される…というわけなんですね。

何はともあれ、そうして信用されて、会社員・OL・公務員は30万円のキャッシングはしやすくなっているので、このくらいの中程度の金額の借り入れが必要になった時も、特に問題ないと考えて下さい。

(もちろん、会社員・OL・公務員・サラリーマンといっても千差万別なので、誰もが30万円借りられるわけではないということも意識して下さい。)

学生は、最初のキャッシングではほぼ借入不可

学生が、初めてのキャッシングでいきなり30万円の与信枠をもらう…というのはまず無理です。ほとんどの場合、銀行カードローンでも消費者金融でも学生のキャッシング枠は10万円から始まる…というのが基本です。せいぜい15万円と考えて下さい。

これもパート・アルバイト・フリーターの方々の時と同様、収入の問題ではないんですね。確かに学生だと収入が少ないというのもありますが、「かなりアルバイトして、稼いでいる学生」であっても、借入枠はやはり10万円まで…ということが多いです。

学生はアルバイト・パート・フリーター以上に不安定

理由はここでも「安定性の問題」で、学生という職業・属性は、キャッシングの審査的には「パート・アルバイト・フリーターより不安定」と評価されるのです。これは当サイト・美人キャッシングの他の記事でもよく書いていますが、学生は下のような理由で仕事を長期に渡って休むことが、しばしばあるし、また許されているからです。

  • テスト勉強のため、半月ほど休む
  • 卒論のため3ヶ月ほど休む
  • 運転免許証の合宿のため1ヶ月休む
  • 世界放浪の旅に出るので、半年休む
  • 学生イベントのスタッフになったので、数ヶ月休む

などなど。とにかく学生はアルバイト・パート・フリーターよりもさらに、いきなり収入が減る、あるいはゼロになるというリスクが高いわけです。本人にとっては、あまりリスクではないでしょう。生活がかかっていないからです。しかし、キャッシング業者や銀行カードローンの側からしたら、「返済してもらえなくなる」というのはリスクなんですね。10万円程度だったらいいですが、30万円・50万円となると、それが多くあったら、それなりに収支の計算が乱れます。

そのため、融資できる中で最も不安定な職業・属性である「学生」については「10万円」が基本的なルールになるのです。そして、返済実績を積んで信用を獲得したら、徐々に20万円、30万円…という風に増額されていきます。最大で50万円まで限度額が増えるということもありますが、それ以上は基本的に、学生の場合はないと思って下さい。

学生に高額融資をしないのは、社会的な責任でもある

ドラッカーの『マネジメント』にもかなり強調して書かれていることですが、企業には「社会的責任」というものがあります。昔と違って、王族や政府が力を持たなくなった資本主義の現在では「企業が、かつての王様」に近い実力を持っているからです。それだけの権力を持っているなら、それなりの責任を果たしてくれ…という要求が、大衆から強くなっているんですね。

消費者金融も一時期、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのメインバンクを上回る「空前の利益」を上げていました。その中には、武富士の過剰融資のように、ごく一部の問題もあったのですが、それが社会から批判され修正されて、今は社会的な責任について、特に敏感な業種の一つになっています。

下手をすると、税金をいい加減に使っている第三セクターなどよりも、遥かに真面目かも知れないくらいなんですね。消費者金融にしても銀行カードローンにしても、個人金融の業界というのはそういう「社会的な責任」が特に厳しく問われるので、そういった点でも、学生にあまり高額キャッシングを許可することはできないのです。言うまでもありませんが、学生を破産させたら、それは企業の責任でもありますからね。

逆に学生に高額融資をする悪徳業者もいる

一方、逆に学生に対して高額キャッシングを積極的にする…という悪徳業者・違法業者もいます。彼らの狙いは基本的に女子学生です。男子学生に用はありません。

言うまでもありませんが、学生のように若い世代の女性は、風俗店などのアンダーグラウンドなビジネスで良い稼ぎ手になるからです。こうした業界も今は健全化していますが、中にはまだ反社会勢力とつるんでいたり、あるいはヤクザが直営しているという店舗もあります。

そのような場合、彼らは求人の有効な方法として、「まだ若い女性に返済不能の高額を貸し付け、その返済のために風俗店で働かせる」…という手段を取るわけですね。学生専用ローンを名乗ったり、レディースローンを名乗ったりすることもあります。

レディースキャッシング(女性向けローン)にしても、学生専用ローンにしても、もちろんそのような業者はごく一部です。ほとんどのレディースローン・学生ローンは良心的に経営されています。しかし、ごく一部そのような違法業者がいて、学生に対して高額の貸し付けをすることもある…というわけすね。

ということで、学生で、大した借入・返済の実績も積んでいないのに、いきなり高額融資をされたらむしろ危ないと思って下さい。なかなか高額融資をしてくれない大手の銀行カードローン・消費者金融の方が、間違いなく正しいのです。

個人事業主・法人経営者だと、収入による

下のような独立系の職業の方々だと、30万円をすぐにキャッシングできるかどうかは、収入の金額によります。

  • 自営業
  • 会社代表者
  • 法人経営者
  • 商店主
  • 店舗経営者
  • 個人事業主
  • フリーランス

呼び名はいろいろありますが、要は事業所得者ですね。給与所得者ではなく、自分で事業をして、その成功報酬によって稼いでいる…という方々です。

個人的には成功報酬の方が頑張り次第でいくらでも収入を増やせるということで断然いいと思うのですが、キャッシング・カードローンの世界では、残念ながら真逆の評価になっています。「安定しているほどいい」というものです。(これは言うまでもないですね)

ということで、これら独立系の職業の方々は、30万円をすぐに借りられるにしても、審査基準は会社員・OL・公務員・サラリーマンなどより厳しくなります。どのくらいか明確に書くのは難しいですが、とりあえず、同年代の会社員・OL・公務員の1.5倍くらいは稼いでいないといけないと思った方がいいでしょう。

(たとえば同年代のサラリーマンが年収300万円くらいだったら、年収450万円は稼いでいる方がいい…ということですね。確実に審査に通るレベルなら、ということですが)

収入だけでなく、総合的な信用度で決まる

一応収入の目安を書いてはみましたが、これは完全に目安と思ってください。カードローン・キャッシングの審査の基準というのは、一言で言えるほど単純なものではないのです。

たとえば個人事業主・自営業やフリーランスで低年収だったとしても、下のような条件だったら、かなりキャッシングの審査で有利になります。

  • 毎月安定して入る収入である
  • 不動産などの資産を持っている
  • 自宅が賃貸ではなく持ち家である
  • 自宅の居住年数が長い
  • 固定電話がある
  • 会社や事業のホームページがあり、事業内容のレベルが高い
  • これまでのクレジットヒストリーが充実している
  • 現時点のクレジットカードの保有枚数が少ない
  • 同居家族の人数が多い
  • 事業の継続年数が長い
  • 安定した業種である

などなど。書き出すと条件はいくらでもありますが、これらを読めば読むほど「確かに、信用できる人だ」と思えるでしょう。要は個人事業主だろうとなんだろうと「信用できる人」であれば、キャッシング・カードローンの審査は通る…ということなんですね。クレジットというのは英語で「信用」という意味ですが、その言葉通り、信用されれば、お金を貸してもらえるのです。

クレジットヒストリーが特に重要

これは個人事業主や法人経営者・会社代表者だけではなく、全ての職業・属性・性別・年齢層の方々に言えることです。キャッシング・消費者金融の審査で特に重要なのは、実は「クレジットヒストリー」なんですね。ブラックリスト妥当絶対に借りられないというのも、クレジットヒストリーが一番重要であることのダークサイドと言うか、悪い方に出たものです。

クレジットヒストリーというのは、これまでの借入・返済の履歴のことですが、たとえば下のような条件だと、キャッシング・カードローンの審査でも非常に有利になります。

  • 現時点で他社借入がない
  • クレジットカードは、一枚だけ持っている
  • そのクレジットカードを、長期間毎月使っている
  • 毎月返済の延滞・滞納がなく、予定通りの支払い
  • クレジットカードの借入残高は、今ゼロに近い

この条件をすべて満たしていると、非常にクレジットヒストリーが良好といえます。

クレジットカードは、なぜ1枚がいいのか

クレジットカードの保有枚数は、基本的に少ない方がいいのです。言うまでもありませんが、沢山クレジットカードを持っているほど、破産のリスクが高まるわけですからね。そのリスクを下げるためにも、クレジットカードの枚数は少なければ少ないほどいいのです。

ただ、ゼロよりは1枚だけある方が高評価になります。理由は現代の社会人で、クレジットカードを一枚も持っていないというのは、少々不自然だからです。そこまでまっさらな履歴だと「5年~10年前に、ブラックリストには入ったことがあるのでは?」と疑われてしまうわけですね。これが「スーパーホワイト」というものです。

スーパーホワイトとは?

たとえば、20才でブラックリストに入ったとします。そうすると、その記録が5年~10年残るので、その期間、新規の借り入れができなくなります。クレジットカードも作れません。

となると、その人の個人信用情報の履歴は「過去5年間、全く何も記載されていない」という状態になるわけですね。これは普通の社会人だったら不自然なのです。銀行カードローン・消費者金融などのキャッシングは利用していなくても、クレジットカードくらいは普通は使っているものですからね。

ということで、クレジットカードを一枚ぐらい持っておかないと、その「スーパーホワイト」だと疑われてしまい、逆にキャッシングの審査で不利になります。また、クレジットカードが一枚あれば「毎月きっちり返済していることを示せる」ということで、この点でもクレジットスコア(信用度)が高くなります。

たとえばCIC(シーアイシー)だと、毎月返済していると「$」マークが、その月に記録されます。これがずらりと過去5年間、途切れることなく並んでいる…というのが理想のクレジットヒストリーなんですね。

という風な履歴を残すためにも、やはりクレジットカードだけは一枚持っておいた方がいいのです。

過去に銀行カードローン・消費者金融で借りたことは不利になる?

個人信用情報で、過去に消費者金融・銀行カードローンで借りた履歴があると、審査で不利になるか―。これは、両方の意見がありますが、私は「むしろ有利になる」と思っています。というのは、下のような理由です。

  • 同じ消費者金融・銀行カードローンだったら、当然有利になる(返済実績があるということなので)
  • 関連グループでも、もちろん有利になる

この2つはいいでしょう。要は「自社や、そのグループのお得意様」ということですからね。問題は「まったく他のグループや会社の消費者金融・銀行カードローンで借りていた」という場合でしょう。この場合も、私は有利になると確信しています。

なぜ、他社の借り入れの履歴でも有利になるか?

理由は、下の2通りです。

  • おそらくその人は借金体質なので、今後も借りてくれる
  • ここで融資すれば「他社の売上を奪う」ことができる

このようになるわけです。

  • 長く、自社のお得意様になってくれそう
  • ここで融資しないと、過去に借りた方に流れてしまう

つまり「戦略的な理由」ですが、何はともあれ、審査で有利になるなら借り手としては嬉しいことでしょう。

ただの借金体質ではダメだが…

言うまでもなく、ただの借金体質の人というのは、借入超過者・多重債務者になってそのまま貸し倒れになるリスクがあります。なので、そのような人に対しては、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード、どこでも融資してくれません。

ただの借金体質というのがどこでわかるかというと、返済の履歴です。延滞・滞納が少しでもあるようなら、間違いなく借金体質です。あと、現時点の他社での借り入れが残っている場合も、やはり借金体質です。

逆に返済の遅延・延滞の履歴がまったくなく、過去の借り入れを完済してからある程度時間が経っている…という状態だったら「適度な借金体質」ということができます。このような方だったら、破産したり貸し倒れになったりすることなく、「適度に利用し、適度に利息をコンスタントに払ってくれる」…と期待できるわけです。過去の消費者金融は、武富士など「一人に爆発的に貸して、ガンガン取立てて、後は知らない」という態度をとっていましたが、武富士はそうしたことも問題となって、倒産してしまいました。キャッシングというビジネスは、焼畑農業ではダメなんですね。

(これはキャバクラでもオンラインゲームも何でも言えることだとは思いますが)

自営業・フリーランスは、収入証明書の提出が必須

30万円のキャッシングでも、もっと少額を借り入れする場合でも、自営業・フリーランスや個人事業主・法人経営者などの方々は、カードローン・キャッシングの審査では収入確認資料の提出が必須となっています。具体的には下のような書類です。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 支払調書
  • 青色申告決算書
  • 納税通知書
  • 住民税課税決定通知書
  • 課税証明書
  • 収支内訳
  • 年金証書

こうしたものです。収支内訳書というのは「白色申告の決算書」のことですね。確定申告を青色申告決算書ではなく白色申告でした…という方の場合は、確定申告書以外では、これを提出してもOKです。

所得証明書と収入証明書の違い

途中で「所得証明書」とあるのを見て「これは収入証明書とは違うのか?」と疑問に思った方もいるでしょう。これは別の書類です。所得証明書というのは、そういう名前の書類が実在しているんですね。(実在というのも変ですが)

簡単に書くと、市区町村が発行するもので、所得金額・控除内訳・税額が書かれているものです。つまり「所得証明書は課税証明書、納税通知書」の役割も果たす、ということです。課税証明書や納税通知書よりも、所得証明書の方が情報が詳しいということですね。

ただ、人によっては「税額は、手続きのために見せないといけないけど、所得金額は見せたくない」ということもあるでしょう。そのような方々は、所得証明書ではなく、税額だけが書かれた課税通知書・納税通知書などを提出する…ということですね。

課税証明書と納税証明書の違い

課税証明書と納税証明書は何が違うのか―。これはまったく同じ意味の地方自治体もあれば、違う地方事実もあるというのが現状です。違う場合は、下のような違いになっています。

  • 納税証明書…確かに税金を受け取りました、という領収書のようなもの
  • 課税証明書…あなたの税額が決まりました、という請求書のようなもの

つまり簡単に書くと、下のようになります。

  • 納税通知書…領収書
  • 課税証明書…請求書

この違いは言葉の意味からも何となくわかるでしょう。このようなルールでやっている市区町村もあります。しかし、先に書いた通り納税通知書も課税通知書も、まったく同じ意味で使っているという市区町村もあるので、この辺は自分の市区町村のホームページなどで、一度調べるようにして下さい。

(面倒だったら、源泉徴収票など別のメジャーな収入確認資料を提出すればいいだけの話ですけどね)

「証明書」と「通知書」の違い

これは、違いはありません。まったく同じです。どの市区町村でもほぼ同じです。(日本全国調べたわけではありませんが、ざっと調べた限り)

  • 納税証明書、納税通知書
  • 課税証明書、課税通知書

これらはそれぞれ、同じものということですね。そして、市区町村によっては「4つとも同じ」ということです。書類の分類は複雑ですね。

支払調書とは?

支払調書は個人事業主がもらう、源泉徴収票のようなものです。内容を箇条書きすると、下のようになります。

  • 発行元の法人から、所得税を源泉徴収されている
  • この点では、源泉徴収票と同じ
  • その他、本人の取り分(報酬)などが記載されている点も、源泉徴収票と同じ

基本的には「源泉徴収票と同じ」なのです。では、何が違うかというと、源泉徴収票と支払調書の違いは、下の通りになります。

  • 源泉徴収票…主に「給与所得者」がもらう
  • 支払調書…主に「事業所得者」がもらう

つまり、取引先と個人事業主のやり取りでは、支払調書が基本ということですね。取引先が個人事業主に対して報酬を払うのですが、これは「お給料」ではありませんから。あくまで事業の報酬を相手に渡す…ということで支払調書を選びます。

個人事業主でも、源泉徴収票をもらうことがある

実は、個人事業主でもかなり源泉徴収票をもらいます。個人事業主・自営業・フリーランスとして活動している方なら「むしろ、源泉徴収票でもらう方が多い」という指摘する方も多いでしょう。

この理由はなぜかというと、おそらくそこの社員さんの源泉徴収票と一緒に発行できるので、会社側がやりやすいということだと思います。サラリーマン・OLの方々は、すべて源泉徴収票ですからね。それを発行しつつ、取引先の個人事業主などにもついでに(というと悪いですが)源泉徴収票で発行する…ということかと思います。

一方、私の経験からいうと、出版社は必ず「支払調書」で来ます。これは支払いをする作家・デザイナ・イラストレーターなどが多いため、支払調書をまとめて手配するのが、それほど面倒ではないということでしょう。特に、中には大御所の作家さんも見えるわけですから、そうした方に対して、社員さんと同じ「源泉徴収票」を渡すのは、おそらく気が引ける…ということかと思います。(あくまで私の推測ですが)

何はともあれ、支払調書は個人事業主・自営業・フリーランスの源泉徴収票と思っていただければ、概ね間違いありません。

なお、余談ですが、法人になると「源泉徴収義務」とものが生じます。つまり、個人事業主が誰かにお金を払うなら、源泉徴収しなくてOKです。しかし、法人だと必ず源泉徴収をしないといけない…ということですね。

何はともあれ、この支払調書・源泉徴収票も含めて、個人事業主・フリーランスや会社経営者・法人代表者などの方々は、キャッシングの審査では収入確認資料の提出が義務になることが多い…というわけです。そして、その収入・年収が十分であれば、30万円を今すぐ借り入れする…ということも問題なく可能となっています。

年金証書とは?

年金証書は、文字通り年金の金額などが書かれたものです。これもキャッシングの審査の収入確認資料として通じます。書かれている内容を書くと下の通りです。

  • 支払い開始年月
  • 基本となる年金額
  • 加齢年金額(加算額)
  • 支給停止額
  • 年金額(合計)
  • 支給停止理由
  • 支給停止期間

こういう内容です。「支給停止」などは、もちろん停止された人だけの情報です。このように単純に年金の金額だけが書かれているわけではなく、その細かい内訳や停止・開始などについても書かれているというものですね。

年金以外の収入がないとキャッシング不可

特に消費者金融はすべてそうですが、年金以外の収入がない年金生活者(年金受給者)というのは、キャッシングをできません。これは一般常識で考えても当たり前でしょう。その年令でキャッシングが必要になっているという時点で危険だし、年金だけで生活できなくてカードローンを利用するなら、その後の返済も、年金だけではできるはずがないということです。

なので、別に意地悪をしているわけではなく、その後借入超過者・多重債務者に転落しないでいただくためには、どう考えても「年金以外の収入が必要」になるわけですね。

なので、年金受給者(年金生活者)の方々でも、アルバイトやパートをしていて、そちらの収入が証明できれば借入可能となります。その場合年金証書と合わせて、アルバイト先の給与明細書や源泉徴収票などを提出すれば、合計金額を自分の年収として申告することができます。そうすれば、年金生活者(年金受給者)の方々でもキャッシングができるでしょう。

銀行カードローンは、年金以外の収入がなくてもOK?

これは銀行カードローンによります。消費者金融と同様に「年金以外の収入が必要」というルールにしている所もあれば年金以外の収入がなくても、年金の振り込み先をその銀行口座にしてくれれば融資可能という銀行カードローンもあります。毎月決まった日に年金以外振り込まれれば、それをすぐ自動的に引き落とすように設定することで、貸倒リスクをほぼゼロにできますからね。

ということで、銀行カードローンによっては年金以外の収入がない年金受給者(年金生活者)でも借りることができます。ただ、基本的にはやはり、年金以外の収入がある方が審査に通りやすいと思って下さい。(アルバイト・パートをしていれば、在籍確認の電話もかけられますしね)

無収入の専業主婦でも30万円すぐ借りられる?

自分の収入がない専業主婦でも、銀行カードローンだったら、30万円を今すぐキャッシングする…ということは可能です。というのは、無収入の専業主婦の借入枠は、銀行カードローンだと一律で30万円~50万円と決まっていることが多いからです。特に多いのは「30万円」なので、「30万円を大至急借りたい」という専業主婦の方々でも、借りられることは多いわけですね。

夫・旦那の収入に関係なく、一律で決まる

無収入の専業主婦のキャッシング枠は、夫・旦那の収入がいくらだろうと無関係で、一律で決まるようになっています。夫・旦那の収入証明書を審査で提出することはないので、夫・旦那の収入によって審査結果が左右されることはないのです。

何で夫・旦那の収入でキャッシングするのに、夫・旦那の収入をチェックしなくていいのか?…と疑問に思う方もいるでしょう。この疑問はもっともなので、この点を解説して行きましょう。

なぜ夫・旦那の年収確認資料が不要なのか?

なぜ無収入の専業主婦のキャッシング審査では、夫・旦那の年収確認資料が不要なのか。この理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • その女性がパート・アルバイトをしなくても、今生活できている
  • ということは、誰かが彼女の生活を支えている
  • 婚姻関係の証明書で結婚していることがわかれば、その相手は夫・旦那だと推測できる
  • 夫・旦那がある程度、安定収入を得ていることは、ほぼ間違いない
  • (でないと、女性が専業主婦として生活することはできない)
  • そうした普通の夫・旦那がいる家庭なら、30万円・50万円くらいは問題ない

実際、専業主婦の女性がいる普通の日本人の家庭で、30万円や50万円をキャッシングして破産する…というようなことはまずありえませんからね。上のような理由から、夫・旦那の収入証明書を確認しなくても、夫・旦那が平均的な安定収入を得ているということはわかるのです。だから、審査するまでもないということですね。

何はともあれ、このような理由によって、夫・旦那の収入とは無関係で、無収入の専業主婦は30万円程度はキャッシングできるようになっています。イオン銀行カードローンBIG・楽天銀行スーパーローン(カードローン)などは最高で50万円までキャッシング可能となっていますが、最初から50万円の借入枠をゲットできるかどうかはわかりません。あくまで増額していったら、この極度額になる…ということもありえます。

この辺、キャッシングの審査はどんな職業・属性の方々が相手でも、完全にケースバイケースなので、その点を理解して下さい。

以上、職業・属性別に「今すぐ30万円借りられるかどうか」をまとめてきました。学生の場合、最初のキャッシングだと難しいというくらいで、あとは職業・属性的には問題ないということです。

もちろん、繰り返しますが最大融資枠がいくらになるかは、最終的にはその人次第なので、職業・属性やその他の条件単一で決まるものではない…と思って下さい。

 参考リンク

今すぐ30万円借りたい!大手の消費者金融なら当日中に借入可能

みずほ銀行カードローンも最短即日キャッシングにおすすめ!

大手の銀行カードローンの中では、みずほ銀行カードローンも最短当日借入におすすめです。みずほ銀行カードローンの最短即日審査の有利な点は、下のようになります。

  • 無収入の専業主婦が特に申し込みやすい
  • みずほ銀行のユーザーは比較的審査に通りやすくなる
  • 学生でも最短当日キャッシングできる
  • キャッシュカード一体型で、ローンカードの郵送をなしにできる

特に変わっている「キャッシュカード一体型」から解説していきましょう。

キャッシュカード一体型のローンカードとは?

これが銀行のキャッシュカードと、ローンカードが一緒になっているというもの。つまり、みずほ銀行の引き出しや預け入れをする、いつものキャッシュカード。これでみずほ銀行カードローンのメニューも使えるようになる…ということです。

このキャッシュカード一体型(兼用型)の何がいいのかというと、自宅にローンカードが郵送されてこないので、家族バレが防げるということ。ローンカードが郵送されてきたとしても、みずほ銀行の封筒だったら特に家族が怪しむこともないでしょうが、それでも何らかの「手がかり」を与えてしまうのは確かですからね。ローンカードが郵送されてこない方が、家族バレのリスクが下がることは間違いありません。

すでにみずほ銀行の口座を持っている場合

すでにみずほ銀行の口座を持っている人で、キャッシュカードが手元にある場合は、最短当日借入が非常にやりやすくなります。というのは、手元にあるそのキャッシュカードが、「キャッシュカード一体型のローンカード」に早変わりするからです。つまり、財布の中に入れていたいつものキャッシュカードが、審査通過した瞬間、「ローンカードにもなる」ということですね。

まるで魔法のようですが、別にそれほど不思議ではありません。「みずほ銀行の側で、システムをいじっただけ」だからです。

たとえばあなたの口座番号が「2222」だったとしましょう。あなたが口座から「10万円」引き出したら、すぐにこの「2222」の口座残高は「10万円マイナス」になっているわけです。

同じように、みずほ銀行カードローンの審査に通った瞬間、みずほ銀行のオペレーターさんがシステムをいじって、「2222」のキャッシュカードが提携ATMに挿入されたら、カードローンも使えるようにすると設定するわけですね。なので、「キャッシュカード兼用型に早変わり」するわけです。情報化社会というのは、よくよく考えるとすごいですね。というより、そもそもお金自体が、このように数字をいじるだけで簡単に移動する、意外と「ゆるい」ものなのだなと最近つとに思います。

みずほ銀行は専業主婦でもキャッシングしやすい

みずほ銀行カードローンの最短即日キャッシングのメリットとして、自分の収入がない専業主婦でも申し込みやすいという点が指摘できます。申し込みやすい理由は「配偶者の同意書を提出しなくていい」という点にあります。

ただ、これについては最近は他の銀行カードローンでも同様の条件が多くなったようで、必ずしもみずほ銀行カードローンだけのメリットとは言えません。ただ、他の銀行カードローンよりも「夫・旦那の同意書なしで借りられる」という口コミ・評判が比較的多く見られるので、「多少信用度(クレジットスコア)が低い場合でも、夫・旦那の同意書の提出が必要になる心配が小さい」ということは言えそうです。

提出書類は信用度(クレジットスコア)によって変わる

当サイト・美人キャッシングでは、他の記事でも何度か書いていることですが、キャッシングの審査の提出書類というのは、その人の信用度(クレジットスコア)に応じて変わるというのが基本なんですね。先にも個人事業主・自営業などの収入確認資料の提出について書きましたが、これと同じように、その人の職業・属性やクレジットヒストリーなどを見て、信用度が一定水準に到達していないという場合には、追加の必要書類を設定する…ということもあるのです。

みずほ銀行カードローンの場合はどうかわかりませんが、相手に応じて必要書類や審査の内容を変えるというのは、借入超過者・多重債務者を出さないために大事なことですから、みずほ銀行カードローンのようなコンプライアンスのしっかりした銀行カードローンであればなおのこと、そのような臨機応変の審査をしている可能性が高いです。

ということで、みずほ銀行カードローンで専業主婦がキャッシングの審査に申し込む場合も、場合によっては配偶者の同意書の提出が必要になるかも知れません。ただ、基本的には「夫・旦那の同意書なしで融資可能」という評判・体験談の方が多く見られるので、恐らく大丈夫…ということです。

みずほ銀行の口座がなくても最短当日借入ができる

みずほ銀行カードローンの最短即日キャッシングのメリット・長所は、まだ存在します。それは「みずほ銀行の口座を持っていなくても、状況・条件によっては最短即日キャッシングができる」ということ。みずほ銀行の口座自体は基本的に必須なのですが、当日口座開設をしてから申し込む…という方法が可能なんですね。ネット専業銀行だと(たとえば楽天銀行・オリックス銀行だと)実店舗がないので、即日の口座開設ができません。しかし、みずほ銀行のように実店舗があちこちにある場合は、その本支店で口座開設をすれば、そのまま当日キャッシングの審査に申し込める…というわけですね。

当日口座開設をするなら、朝イチで本支店へ

これは当たり前ですが、そのように当日口座開設をしてからカードローンの審査に申し込むというのは、それだけ普通の人より時間がかかるということ。となれば、最短当日借入を確実に成功させたいのであれば、朝イチでみずほ銀行の店舗に行く必要があります。

だいたいどの店舗でも朝9時から営業していますが、できればそのオープンと同時に中に入り、口座開設の手続きをする。これで30分から1時間程度で、口座開設ができるでしょう。仮に1時間かかったとしても、その時点でまだ午前10時なので、最短当日キャッシングの審査には十分間に合います。審査と振込手続きに4時間かかったとしても、それでまだ14時なので、銀行振込が締め切られる15時まで、十分余裕があります。

ということで、みずほ銀行の口座がない人でも、やり方によってはみずほ銀行カードローンでの最短即日キャッシングができるわけですが、その場合も朝イチで行動するということは忘れないようにしてください。

当日口座開設して借りる場合の注意点

みずほ銀行カードローンで、当日口座開設をしてからキャッシングをする…というやり方には、もう一つ注意点があります。それは、借り入れを、提携ATMではなく店舗窓口でしなければいけないということ。どういうことか箇条書きで説明していきます。

  • 口座開設は当日できても、キャッシュカードはその場合でもらえない
  • 1週間後くらいに、自宅に郵送されてくる
  • ということは、みずほ銀行カードローンで審査の通過しても、提携ATMは使えない
  • 提携ATMで借りれないということは、店舗窓口で借りるしかない

「どうやって店舗窓口で借りるのか?」と思うかも知れませんが、これは下のようなやり方でできます。

  • まず審査を通過して、新しいみずほ銀行の口座に振り込んでもらう
  • この時点で、できたてホヤホヤの口座に、すでに口座残高がある
  • それを「引き出したい」ということを、店舗窓口でいう
  • 印鑑や通帳を見せれば、キャッシュカードと同じように引き出せる

こうして無事に「みずほ銀行カードローンから振り込んでもらったお金を、すぐ引き出せる=借り入れできる」ということです。かなり面倒なやり方ではありますが、口座なしでも最短当日借入ができるというだけで、良しとするべきかも知れません。

(口座なしでは最短当日キャッシングができないという銀行カードローンは、割とよくありますから)

ちなみに、店舗窓口で引き出しをする時は、簡単な書類に「氏名・電話番号・引き出したい金額・住所」などを書いた上で、店舗窓口に、通帳などと一緒に提出します。提携ATMだったらすぐにできる作業が、随分面倒なものになりますが、一応口座なしでの最短即日融資もできるのがみずほ銀行カードローンのメリットということです。

みずほ銀行カードローンは上限金利が低いのもメリット

さらにみずほ銀行カードローンのメリットとして、これは最短当日キャッシングに直接関わるものではありませんが、「上限金利が低いので、100万円以下のキャッシングで低金利になる」という点があります。これはカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人だったら、基本中の基本として完全に理解しているでしょうが、上限金利というのは、100万円未満のキャッシング総額の時に、大体適用される金利なのです。

そして、言うまでもなくキャッシングの利用者の借入総額の大部分は「100万円以下」です。少なくとも、単一の借入先からの借入総額は、100万円未満というのが普通です。銀行カードローンでも消費者金融でも同じでしょう。

ということで、キャッシング・カードローンの金利というのは、要するに上限金利のことなんですね。そして、その上限金利が非常に低金利なので、みずほ銀行カードローンは金利・利息面でも、他の大手の銀行カードローンより一歩リードしている…ということです。

他の銀行カードローンと上限金利を比較

実際、みずほ銀行カードローンの上限金利がどのくらい安いものなのか、他の大手の銀行カードローンの上限金利と一覧にして比較してみましょう。

  • 千葉銀行…14.8%(実質年率)
  • こういう風ですね。一気に全部書いたので少々見づらいかも知れませんが、みずほ銀行カードローンは、ソニー銀行・イオン銀行についで上限金利が3番目に安い銀行カードローンとなっています。

    みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
    楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
    静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
    横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
    新生銀行カードローン レイク 18.0%(実質年率)
    じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%(実質年率)
    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
    オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率)
    東京スター銀行カードローン 14.6%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
    みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)

    こういう風ですね。3番目というものの、0.2%の金利差しかないので、実質ほとんど同じようなものです。実際、0.2%の金利差というのは大したことではないというのを、計算して確かめてみましょう。

    30万円借りた場合の、0.2%の金利差

    この0.2%というのは「実質年率の差」です。つまり「年間利息の差が0.2%」になる、ということですね。で「何の0.2%か」というのが問題ですが、これは「30万円の0.2%」です。それが「年間利息の差になる」わけです。

    • 30万円の1%は、3000円である
    • 0.2%は、その5分の1である
    • 3000円の5分の1は600円である
    • これが「年間利息の差」になる

    つまり、30万円を1年借りて、600円の利息差しかないということです。箇条書きすると下のようになります。

    • 借入総額…30万円
    • 借入期間…1年
    • 利息差…600円

    「6000円の間違いじゃないか?」と誰もが思うでしょう。しかし、間違いではないのです。これで合っているんですね。0.2%の金利差というのは、少なくとも30万円程度の借入総額だったら、まったくないも同然ということです。なので、みずほ銀行カードローンがソニー銀行・イオン銀行に0.2%の金利差をつけられていても、別にそれほど劣っているわけではないということですね。

    もちろん、借手からしたら大した利息差でなくても、何千億という単位でお金を動かしている銀行カードローンの側からしたら、0.2%の上限金利の差は、かなり大きいです。これだけで数百億円の利益の違いが出るかも知れません。

    そういう点では、ソニー銀行・イオン銀行カードローンが13.8%という、大手の銀行カードローンの中で最も低い上限金利を設定しているというのは、非常に優れたサービスであり、企業努力であるといえます。

    だから、決して否定するわけではありませんし、すごいことなのですが「利用者にとっては、みずほ銀行カードローンも十分、イオン銀行・ソニー銀行と同じレベルの上限金利である」ということです。

    みずほ銀行の最短即日融資のデメリット

    みずほ銀行カードローンの最短当日キャッシングにもデメリット・注意点はあります。それは「土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできない」ということ。消費者金融だったら土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングができるのは当たり前ですし、銀行カードローンでも大体8割程度はできるようになっています。大手の銀行カードローンでみずほ銀行のように土曜日・日曜日の借り入れが出来ないのは、横浜銀行カードローン・静岡銀行カードローン「セレカ」など、地方銀行のみとなります。

    この点はみずほ銀行カードローンの即日借入について、少々不利な点であり、デメリット・短所だと言えるでしょう。ただ、これは「土曜日・日曜日・祝日は、他の銀行カードローンで借りればいいだけ」の話なので、別に誰かに害がある…ということでもありません。

    確かに三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などよりもさらに低金利で借りられるみずほ銀行カードローンは、できれば土曜日・日曜日・祝日でもキャッシングをしたい借入先の一つです。しかし、同様に上限金利が低金利なソニー銀行カードローン・イオン銀行カードローンBIGは土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングもできるので、こちらを利用する手もあります。

    イオン銀行・ソニー銀行で借りる場合

    イオン銀行カードローン・ソニー銀行カードローンは、みずほ銀行とは違って土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入にも対応しています。ただ、こちらも土曜日・日曜日のキャッシングについては注意点がありそれぞれの銀行口座が必要という条件になっています。つまりイオン銀行の口座・ソニー銀行の口座なしでは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできない…ということですね。

    なので、こちらもやはり限定的な条件になります。すでに口座を持っている人ならいいですが、イオン銀行・ソニー銀行は口座の当日開設はできないので、最初から持っている人でないと土曜日・日曜日の審査・土曜日・日曜日の借り入れはできません。この点は注意してください。

    では、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はどの銀行カードローンですればいいか?

    みずほ銀行カードローンにしても、イオン銀行・ソニー銀行にしても、やはり低金利な銀行カードローンというのは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入がしにくいのです。では、トップレベルで低金利でなくても、銀行カードローンの標準的な金利だったら、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入がしやすいのはどこか。これは、三井住友銀行カードローンがナンバーワンといえます。以下、低金利な銀行カードローンの中で、三井住友銀行カードローンが一番土曜日・日曜日の借り入れをしやすいという理由を説明していきます。

    三井住友銀行カードローンの土曜日・日曜日の借り入れが有利な理由

    三井住友銀行カードローンの土曜日・日曜日のキャッシングは、下のような要素によって申し込みやすくなっています。

    • 三井住友銀行の口座を保有している必要がない
    • 土曜日・日曜日・祝日でも夜9時まで最短即日審査をしている
    • 「最短30分」のスピード審査が可能

    こういうこの3点の理由です。以下、これらの、三井住友銀行カードローンが土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資で有利な理由を、詳しく解説していきます。

    三井住友銀行の口座を持っていなくても大丈夫

    先に書いたイオン銀行カードローンBIGや、そしてソニー銀行カードローンの例でもそうですが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では「その銀行の口座が必要」という条件になる銀行カードローンが多いんですね。イオン銀行カードローンBIGの場合は、平日の最短即日キャッシングでも必要なのですが、別のパターンもあります。

    • 平日は、銀行口座なしで最短当日借入可能
    • しかし、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングは、口座が必要

    こういうパターンです。つまり「土曜日・日曜日・祝日だけ必要」ということですね。これに該当するのが、下の一覧の銀行カードローンです。

    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
    • ソニー銀行カードローン
    • オリックス銀行カードローン

    この3つの銀行カードローンは、上に書いた「土曜日・日曜日・祝日のみ、最短当日借入には口座が必要になる」という条件なんですね。このように、平日は銀行口座の有無について条件がゆるい銀行カードローンでも、土曜日・日曜日・祝日になると厳しくなるのです。

    しかし、三井住友銀行カードローンだったら、土曜日・日曜日・祝日だろうと関係ない。…というのが土曜日・日曜日のキャッシングを低金利な銀行カードローンでしたい場合に、三井住友銀行カードローンがおすすめな理由です。

    なぜ、休日だけ口座が必要になるのか

    なぜソニー銀行・オリックス銀行などは、休日の最短即日キャッシングだけ口座が必要という条件になるのか。これは、キャッシング・カードローンの知識がある人だったら非常によくご存知でしょうが、自動契約機・無人契約機・ローン契約機がないからです。

    「なぜローン契約機・ローン申込機などがあると、土曜日・日曜日・祝日でも口座不要になるのか?」と思う人もいるでしょう。この理由を箇条書きで説明していくと、下のようになります。

    • ローン契約機・ローン申込機があると、そこでローンカードの発行ができる
    • ローンカードがあれば、提携ATMを操作できる
    • よって、「銀行振込を経由しなくても、提携ATMから借りる」ことができる

    逆にローンカードを自動契約機・無人契約機で発行できないとどうなるのかというと、下の通りです。

    • ローンカードがなければ、提携ATMを使えない
    • キャッシングの借入方法は、2通りしかない
    • 提携ATMか、銀行振込か、どちらかである
    • 提携ATMが使えないなら、銀行振込しかない
    • しかし、土曜日・日曜日・祝日は銀行が営業していない
    • だから、「普通の銀行振込」は使えない

    提携ATM借入も封じられ、普通の銀行振込での借り入れもできない…。となっても、まだ方法があるわけですね。それはネット専業銀行だったら、同じ銀行内だと、土曜日・日曜日・祝日でも振り込めるということです。

    • ソニー銀行カードローン
    • オリックス銀行カードローン
    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
    • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

    これらはすべてネット専業銀行なので、同じ銀行内の口座であれば、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日振込が可能となっているわけですね。これらの銀行カードローンが「土曜日・日曜日・祝日は口座が必要」というルールになっているのは、「他の銀行口座だと、土曜日・日曜日・祝日は振り込めないけど、自行の口座だったら振り込める」ということなのです。

    何にせよ、みずほ銀行はネット専業銀行ではないので、このように土曜日・日曜日・祝日の「口座があれば振り込む」ということもできません。そして、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行や新生銀行カードローン レイクのように自動契約機・無人契約機を持っているわけではないので、ローンカードを発行して提携ATMから直接借りる…ということもできない。それで土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入はできない…ということになるわけですね。

    もちろん、メガバンクで一番低金利というメリット・長所があるので、それでみずほ銀行カードローンで即日借入するメリットは十分あるのですが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入ができないという点だけは承知しておいて下さい。

     参考リンク

    みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシングできる?

    今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP